酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

暑気でなく 酒気を祓えや 夏にこそ!(断酒7年121日目)

 昨晩から今朝がたにかけて、我が家に近い路上で、男女数人の酔っ払いが騒いでいた。

 

 今の時期、窓を開けて網戸にして寝ているので、突然聞こえて来る素っ頓狂な声には、本当に迷惑している。

 

 コロナ禍 の中で、暫く鳴りを潜めていた酔っ払いどもだが、また湧いて来た。尤も、夏になると、虫と同じく湧いてくるのが酔っ払いでもあり、今の時期仕方ないのか。

 

 そうは言っても、酔っ払いの喧騒には、うんざりしている。 

 暑気払いで飲んでいるのだろうか。

 

 暑気払いをテーマに過去に二つほど記事を書いていた。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 

 暑い時期に酒を飲んで暑気が払えるわけもなく、酒気だらけになるだけだし、アルコールの薬理作用で、脱水症状を引き起こす。

 

f:id:anomiyakun:20200713211316j:plain

 ギラギラの太陽が青空に浮かぶ梅雨明けが、あと1週間から10日後くらいに迫っている。

 今こそ、すべきは、暑気払いではなくて、酒気祓いではないか。

 酒気は、払うのではなくて、祓わねばならない。

 

 払うとは、身体に付いた塵をパパっと払い落とすような感じ。

 祓うとは、身を清め神仏に祈って、罪や穢れや災いなどを、我が身から除去すること。

 

 毎日酒を飲みたくてたまらず、一定量以上を飲んでしまうのは、身体に酒気がまとわりつき、離れないからである。

 

 この夏は、この酒気を祓って、自分の身体からアルコールを追っ払うことだ。どんなに暑くたって、酒なんぞを飲んではいけない。

 

 さて、この辺りで話題を変えよう。

 

 政府が打ち出したGOTOキャンペーン。国内旅行が最大半額になると言うもの。

 (先行して今月22日から適用となるようだが、最大の半額補助は、9月かららしい。)

 

 昨年、北海道、名古屋、長野と、夫婦で国内旅行をして、楽しかったので、これを利用して、あっちこっち旅行したいね、とかみさんと話した。

 

 でもたぶん、私たち夫婦は利用しない。

 東京からだと、どこへ行こうとも歓迎されないだろう。

 

 北は北海道から、南は沖縄まで、観光で沢山の人の訪れを歓迎するのが本来のはずだが、今は、 新型コロナウィルス感染症が世の中を席捲しており、東京がその巣窟のように言われている。

 

 旅行客を受け入れる側は、

「来てほしいのは山々だけど、でも今は来ないで・・・」と言ったところが本音ではないだろうか。

 

 私たち旅行客は、

「旅行に行きたいのは山々だけど、でも今は行っても歓迎されないし、楽しめないから、行かない・・・」と言った気持ちだ。

 

 新型コロナウィルスも祓うことが出来れば良いのだが、こればかりは無理である。その存在が見えないし、いつどこで体内に侵入するか分からない。

 

 これに比べたら、アルコール依存症の原因物質のアルコールは、酒として見えるし、独特のアルコール臭もあるので、確実に避けることが出来る。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》