酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

GOTO 酒 キャンペーン⁉(断酒7年124日目)

f:id:anomiyakun:20200716233136j:plain

宝石のような雨粒

 政府のGOTOキャンペーンは、すったもんだの末に、東京除外で決着したようだ。

 

 都民の我が家は、キャンペーン対象にならないことが分かったので、すっきりした。まあ、先日のブログにも書いたが、元々このキャンペーンを利用しようとも考えていなかったが。

 

 人口も多いし、使う金も多い東京都の人々を除外したキャンペーンに、意味があるのだろうか。骨抜きキャンペーンになってしまった感が強い。

 

 今日は、GOTOを使って、いつもの断酒について書いてみよう。

 

 飲んだくれは毎晩、「GOTO 酒」。

 「GOTO ALCOHOL」と言い換えても良い。

 

 一日も欠かさず、アルコ―ルに行く。酒に行く。

 この感じ、飲んだくれならば分かるはず。

 

 断酒とは、「DON’T GOTO 酒」或いは「DON’T GOTO ALCOHOL」だ。アルコールに行くな。酒に行くな。

 

 冒頭に書いたGOTOキャンペーンは、コロナ禍で壊滅的な打撃を受けた観光業界を救うための、国家予算を注ぎこむ国の政策だ。

 

 そういう意味では、我が国の飲酒礼賛文化は、年がら年中「GOTO 酒 キャンペーン」をやっているようなものなのかもしれない。

 

 こんなものに乗っかって、私は毎晩勝手にGOTO酒をやっていたのだな、と、今考えても、その行為には、大いなる空しさを感ずる。

 

 GOTO酒キャンペーン、あなたも勝手にやっていた口だろうか。同じく空しさを感じているだろうか。

 

 このGOTO酒キャンペーンは、漏れなく、後悔の二文字が付いて来る。飲んで酔っている時はそんなことは全く意識しないが、翌日、酒を飲んだこと自体をとても後悔する。

 

 何とばかばかしいキャンペーンであることか、GOTO酒キャンペーン。

 

 さて、話を冒頭のGOTOキャンペーンに戻すと、これの発端は、 新型コロナウィルス感染症の蔓延である。

 

 新型コロナウィルス感染症、一旦は下火になったように見えたが、ここのところまた全国的に増えて来ており、中でも、東京都がダントツに多い。

 

 新型コロナウィルス感染症は、これまでに誰も経験したことがないので、これからどうなるのかも誰にも分からない。なので、国の政策も迷走しているわけだ。

 

 一方、アルコール依存症は、多くの人が経験し、臨床経験の豊富な医師が沢山おり、治療法も確立している。

 

  新型コロナウィルス感染症が行く手を塞いでいる今、先ずは自分のアルコール依存症を断酒によって封じておこうではないか。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》