酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒は悲しい思い出と共に(断酒7年125日目)

f:id:anomiyakun:20200717223825j:plain

西武ドームとライオン(西武球場前駅から)

 今日は平日だが、コロナの調整休で休みのかみさんと、2月以来となるウォーキングのイベントに参加して来た。

 

 集合は、西武球場前駅だ。

 子供が小さい頃、プロ野球の試合を観戦に来たり、また、更にここからレオライナーと言う電車に乗り換えて、西武遊園地に行ったりしたものだ。

 

 今日は、参加するともらえるポイントを入れてもらってから、フリーの散策だった。

 

 雨の予報なので傘を持って行ったけれど、ほとんど使わなかった。私たち夫婦は、晴れ男晴れ女の上を行く、晴れ夫婦⁈なのか、オフ会にしても旅行にしても、夫婦で行くと雨予報でも大抵は晴れる。

 

 今日、参加したイベントは、本格的なウォーキングには程遠い、ちょこっと足慣らし程度のものだったが、きっと楽しい思い出のひとつになる。こんな風に、断酒以来、楽しい思い出が残るようになった。

 

 思い出を話題にするなら、断酒に関連するそれは、断然悲しいものだろう。楽しい思い出を抱いて断酒する人はいない。断酒は、悲しいからするもの。

 

 一昨日のブログに書いた、私がとても啓発されたブログを読んでみたい方は、連絡下さればURLをお伝えする件に、シュレーディンガーの猫さんからコンタクトがあった。

 

 それで、お伝えしたのだが、この方は、断酒するにあたって、飲んだくれ時代にとても悲しい事件を経験されている。

 

 正に、今日のタイトルの、断酒は悲しい思い出と共に、である。

 

 私自身もそうだが、私がこれまでにオフ会等で実際に会って、話を伺った方の多くが、飲酒時代の悲しい出来事を胸に秘めておられる。

 

 死のうとした、それを子供に言って止められた、幼稚園保育園の送迎時に飲酒をしていた、子供が傷つくことを言ってしまった、暴れて交番に連れて行かれ一晩そこで過ごした、医療関係の仕事を酔っ払ってしていた、仕事中トイレに行ってはちびちび酒を飲んでいた・・・

 

 他にももっと悲惨な経験を聞いている。

 断酒仲間は皆、それぞれに、悲しい思い出と共に断酒を継続している。

 

 朗報は、断酒を始めれば、そして苦しくてもそれを継続すれば、以後は楽しい思い出が増えて来ること。

 

 断酒は悲しい思い出と共にするのだが、一方で、断酒は楽しい思い出をもたらしてくれる。

 

 断酒前(即ち飲酒時代)は悲しい思い出が多いかもしれないが、断酒後は、楽しい思い出が積み重なることだろう。

 

 私も思い返してみると、断酒してからは、飲酒時代のような後悔はほぼないし、もちろん酒を飲んでいないから、酒が原因の悲しい思いもしていない。

 

 過去を変えることは出来ないが、過去を土台にして、未来を築くことは出来る。

 他人を変えることは出来ないが、過去を反省して、自分を変えることは出来る。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》