酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲む人を貶める酒(断酒7年240日目)

f:id:anomiyakun:20201109234938p:plain

 朝方は雲が厚く、朝焼けが見えなかった。

 それなので、日中このような気持ちの良い晴れになるとは、思えなかった。

 

 気温が大分下がってきて、ラジオからも、周囲からも、寒い寒いと聞こえてくるが、信州の寒さで育った私からすると、どこが寒いの?と言った感じ。

 

 さて、ネットのニュースでは、今日もこのような、ヨッパライによる殺人が出ていた。

 

 

 酒を飲んで車を運転する、狂気の行動。酔って操る車は凶器となり、他人をいとも簡単に殺してしまう。

 

 このような報道に接する度に、酒と言う飲み物の恐ろしさと、その魔力を実感する。世の人は、あまりにも気軽にこの毒物を飲み過ぎている。

 

 酒を飲んで酔った人の身勝手な行動が、酒なんぞ飲んでいなかった人の命を奪う。命は保てた場合でも、被害を受けた人の人生が狂ってしまう。

 (もちろん、それまでは悪運強かった加害者のヨッパライの人生も、大いに狂う!)

 

 これほどに飲酒運転が多いのは、素面の時は、飲酒運転はダメと認識していても、酔うと、そのストッパーが外れてしまうからに違いない。アルコールが脳に回り、理性が飛んでしまう。

 

 酔いとは、丸で、勢いよく振った炭酸飲料の栓のようなもので、外れると一気に理性が噴出してしまい、後にはスカスカの本能しか残らない。

 

 酒は悪くない、飲んだ人が悪い、との風潮が続く限り、飲酒運転事故はこれからも起こり続けるだろう。

 

 酒とは、飲んでいる人の人格を歪めてしまう、恐ろしい飲み物なのだ。どんな君子聖人であっても、酔えばただのヨッパライに成り下がる。酒は、飲む人を堕落させ、貶める。

 

 毎日酒について考察していると、その飲み物としての低劣さが良く分かって来る。かつて有難がって飲んでいた頃は、私はその薬物(アルコール)に取り付かれていたのだった。

 

 公然と売られ、多くの人が当たり前に飲んでいるからとの理由で、それ(酒)が人間にとって何の悪影響も無い飲み物だと言えるだろうか。

 

 酒で成功、酒で失敗、どちらが多いのか、ググって見れば一目瞭然である。酒で成功、と検索ワードを入れても、結果として出て来るのは、酒で失敗だらけである。

 

 飲む人をとことん貶める飲み物の酒。

 こんなものに手を出してはいけない。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》