酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒を忘れる日々(断酒7年244日目)

f:id:anomiyakun:20201113232451j:plain

草むらに ポツンとひとつ ハナニラの 初冬の風に 揺れて咲くらん(と詠んでみたみたけれど、クロッカスかも❓)

 雲一つない、抜けるような青空の日だった。

 この爽やかさは、素面でないと味わえない。

 

 酒に関して、断酒に関して、疾うに書き尽くしているのに、尚も日々書いている。乾いた雑巾を絞るように。

 

 何一つ取り柄のない私が、断酒をしてから唯一継続しているのが、このブログだ。当初の目的の、酒を飲まなかった日には、ブログを書く、を未だに続けているだけかもしれない。

 

 紙の日記であれば自分しか読めないし、過去を遡るのも大変だが、ブログと言うものは誠に便利なもので、大勢の人に読んでもらえるし、過去の記録の参照もあっという間に出来る。

 

 一日の締めくくりに、酒のこと、断酒のことを綴る。これが日課になっている。

 書けば書くほど、酒からの自分の心の乖離が進んで行く。今でも日々それが加速している。

 

 ブログ開始の頃、まさかここまで断酒もブログも継続するなどと、思いもしなかったわけで。

 

 あと2年4か月書き続ければ、丸10年になる。一区切りとしては、中々に重い。そこまでは続けてみようと思っている。

 

 日中は、酒を忘れていることが当たり前になっているが、それでも飲酒運転事故やアルコール依存症関連のニュースは、目に飛び込んで来る。

 

 ひとつには、無意識のうちに、ブログのネタを探しているから。もうひとつには、酒を忘れているとしても、自分の病は不治であることを理解しているから。

 

 酒を忘れつつも、忘れ去ることはなく、心に引っ掛かりを残している。そうでなければ、いつ何時酒の災厄に見舞われるか分からないからである。

 

 酒は、あまりにも普通に出回り、ありふれている。一見何の変哲もない、酒とは無関係の食品にも、アルコールが紛れ込んでいる。

 

 自分が酒を忘れいても、先方(アルコール)から、不意打ちのように己の口に飛び込んで来ることがある。

 

 酒を忘れる日々は快適だが、油断をしていると、酒にしてやられる。

 そうなると、一瞬にして、これまで積み重ねて来た断酒の日々は、崩れ去る。

 

 ----*----*----*----*----*----*----*

 小判鮫さんへ

 癌の再発或いは転移とのこと。私も癌を経験しているので、お気持ち察します。

 治療が功を奏しますように、祈っています。酒を断ったように、癌をも断つことが出来ますように。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》