酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒から救われる人(断酒7年258日目)

f:id:anomiyakun:20201127074129j:plain

名古屋・大津通りのイルミネーション(のら猫たんより)

 一日中、曇天で肌寒かった。北国ならば、雪がちらついたことだろう。

 そろそろブログを綴ろうか、と言う頃、私の部屋に微かな煙草臭が漂って来た。

 

 隣家にヘビースモーカーがおり、台所の換気扇下で喫煙しているのだ。それが共用廊下へ排気され、私の部屋のサッシの隙間や、換気口から逆流してくる。

 

 マンションの規約では、ベランダ喫煙は禁止されているが、専有部である台所の換気扇下の喫煙は自由だ。

 

 (くさい!また、吸ってやがる!)

 

 頭に来るのもあるが、どんなに値上がりしても、周囲に迷惑を掛けても、自分の肺を汚染しても、喫煙を止められない隣家の住人を、私はとても哀れに感じた。

 

 私は、タバコから救われて久しい。最後に喫煙をしてから、もう15年近く過ぎている。

 

 そんなことを考えていたら、新約聖書のかの有名なフレーズが浮かんだ。

 過去にも取り上げているが、奇しくも、断酒初年度の本日と同月同日に書いていた。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 上記の過去ブログでは、文語体の聖書から引用しているので、今日は口語体のものを引用してみる。

 

 狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広く、そこから入って行く者が多いのです。
 いのちに至る門はなんと狭く、その道もなんと細いことでしょう。そしてそれを見出す者はわずかです。(マタイの福音書第7章13,14節:新改訳2017聖書)

 

 禁煙の門も狭い。が、昔の喫煙人口に比べると、タバコを日常的に吸わない人がかなり増えた。

 

 断酒の門は、禁煙の門以上に狭い。これを見出す人は、飲酒人口が多い中で、かなりの少数派だろう。

 

 断酒に至る門はなんと狭く、その道もなんと細いことだろうか。これを見出すものはわずかである。

 

 でも、断酒の門を見出すなら、人は救われるのだ。私も酒から救われた。

 

 喫煙から救われるには、禁煙する他ないのと全く同じで、酒から救われるには、断酒以外には無い。

 

 断酒の門から入りなさい。飲んだくれに至る門は大きく、その道は広く、そこから入って行く者が多いのだ。

 

 もし、あなたがまだ飲酒をだらだらと続けているなら、是非とも断酒の門を見出して、酒から救われてほしい。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》