酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

薬物アルコールは制御不能(断酒7年260日目)

f:id:anomiyakun:20201129225912j:plain

ドラえもん号

 曇りがちの寒い一日だった。

 我が家の猫たちは、現金なもので、思い思いの場所で丸くなって、温かく眠っていることが多くなった。

 

 ♪猫はこたつで丸くなる~

 

 さて今日は、演歌歌手が飲酒運転で追突事故を起こしたと報道されていた。

 数日前に発覚した、今夏の、ボクシング世界チャンピオンの、泥酔による他人の車の損壊事件と合わせて、酒の恐ろしさを痛感させられた。

 

 人間は薬物アルコールを制御出来るのか?

 いやいや、それどころか全く逆で、薬物アルコールに人間が制御されている。

 

 飲んで身体に入れたが最後、酒の主成分アルコールは、全身を駆け巡り、脳へ達し、薬物としてその本領を発揮する。

 

 先のボクシング世界チャンピオンは、車を損壊したことは全く覚えておらず、自分のしたことにひどくショックを覚え、落ち込んでいるそうだ。

 

 私もかつて、泥酔して自分がやらかしたことなのに、後から友人やら家族に事の詳細を聞いて、青くなったことが何度もある。

 

 全く記憶に無いのだから、当然だ。意識して自分がやったことならば、しっかりと覚えているだろうが、無意識のうちに、アルコールに操られて別の自分の人格がしでかしたことなのだ。

 

 これを以てしても、飲んだが最後、酔ってしまえば、その状態は既にアルコールの支配下と言うことになる。

 

 酒に酔うとは、アルコールに己のコントロールを渡してしまうこと。自分が自分の主であったはずなのに、酔うと、アルコールが自分の主になる。自分はアルコールに額ずく存在となる。

 

 酒とは即ち、薬物アルコールのこと。

 ただこの一点を理解できれば、自ずから断酒へと進むことが出来る。

 

 飲みだしたら止まらず、これだけでやめておこうとは行かず、底なしに飲んでしまう人が多いのも、酒。

 

 酒をコントロールして飲むことはほぼ不可能で、飲んでいるうちに、酒にコントロールされてしまう。

 

 精神が、酒即ち薬物アルコールの支配下に入ると、そこからは、自分が消え去り、やることなすこと全て、自分ではなく、アルコールに操られてのこととなってしまう。

 

 これぞ、制御不能。アウト・オブ・コントロール。

 

 自分の理性がどこかに隠れてしまい、アルコールに制御されて行動する。飲酒運転然り、器物損壊然り、暴行然り・・・

 

 酒さえ飲まなければ、薬物アルコールに支配されることは皆無である。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》