酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

己の病を知り学ぶこと(断酒9年267日目)

 寒い日が続いており、今日も空一面に重く垂れこめた雲が。

 こういう日こそ、スポーツジムは有り難い。暖房が効いており、着替えて運動をすれば、汗が滲む。

 

 先日、血糖値が異常に高くなり緊急入院を余儀なくされた、関西弁のCさん。今は元気に働いている。

 聞けば、一日に4回の指先穿刺による血糖値測定をしており、インスリンは夜に1度、腹に打っているそうだ。

 つい数日前、用があってCさんが運転する車に同乗したのだが、その時Cさんは、

「最近、目がかすむことが多くなりましてん・・・」

と、目の異常について話してくれた。

 

 (え!目がかすむって?)

 

 私は、Cさんの話を聴きながら、心が穏やかではなかった。

 運転に支障はないのか?目がかすむのは、糖尿病から来る網膜症ではないのか?

 色々とCさんに質問を浴びせてみたのだが、本人は至って他人事で、インスリンで血糖値が正常範囲にあるので、何も問題はないとのスタンスだった。

 それでも私は、Cさんに、すぐに眼科へ行った方が良いとアドバイスしたのだが・・・

時間が出来たら行ってみる程度の返事だった。

 

 Cさんは、自分の病である糖尿病について、全く学んでいないし、学ぼうとすらしていない。どんな病気でも、医者に行けば治してくれると思い込んでいるようだ。

 糖尿病については、友人のCさんのお陰(?)で、今では私の方がかなり詳しくなっている。糖尿病は血管の病なので、調べれば調べるほど、全身のあらゆる臓器が傷害され、様々な業気になることが分かる。

 糖尿病患者のCさんよりも、私のほうが青くなっている。

 Cさんは、退院してからも酒は一滴も口にしていないと言っているので、これは本当らしい。大酒のみなのに、大したものだと思う。

 だがもう一つ、己の病を知り、それについて学ぶことが、Cさんには欠けている。致命的だ。

 

 私は自分の病=アルコール依存症について、深く広く学ぶことによって、不治の病から回復し、コントロールすることが出来ている。

 不治の病でコントロールが可能である点について、糖尿病もアルコール依存症に似た病である。

 

 Cさんは、私を含めた外野から何と言われても、全く意に介さない。なので私は、彼はそんなに長くは生きられないのではないかと懸念している。

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄への書き込みは自由ですが、諸般の事情により表示はされません。よろしくお願いします<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》