読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酔っ払いウォッチング!(断酒3年270日目)

 今日は、断酒マラソン掲示板モドキへの333SPさんのコメントから...

 

 「酔っ払いウォッチング!」

 

 矢張り、酒を断った人の通る道は同じなのだな~、と、自分も3年前の忘年会の時には全く同じだったのを思い出した。

 

 周囲は当たり前に酒を飲む。飲まない自分が妙に浮いてしまい、どうにも居心地が悪くて困る。しかし、すぐに帰るわけにもいかないので、仕方なく、飲む人に合わせて、時の経つのを待つ。

 

 だが、ふと気付く。

 

 あれ、目の前にいるのは、かつての自分ではないか。隣にいるのは、もし飲んでしまったらきっとこうなる自分ではないか。よくよく周囲の酒飲み達を観察していると、ますます、酔態が目に付く。

 

 あれれ。かつての自分はほろ酔いを通り越して、こんなになっていたのか。この人は、さっきから同じ話ばかり繰り返しているし、あの人は、真っ赤な顔をして眠りこけている。

 

 乾杯の時には、みんな素面だったのに、1時間、2時間と経過するに連れて、一人二人と酔い潰れ、普段大人しい人が騒いだり、議論したりしている。一滴も酒を飲まずにいる自分は、こうして、人々が酒に毒されて行く姿をしっかりと目に焼き付けている。

 

 こんな風にして、あまり気の進まない飲み会でも、酔っ払いウォッチングを楽しむことが出来る。

 

 333SPさんも書かれているが、乾杯の時に「なんで飲まないの?」と気にした人も、宴もたけなわになるに従い、自分が酔っぱらって気持良ければ、他の人が飲んでいようといまいと、気にも留めないのだ。

 

 これからまだまだ義理で出なければならない、忘年会やらクリスマス会やらの飲み会がある方は、アルコールに毒されて七変化する酔っ払いウォッチングを楽しむのが良い。

 

 ジュースを飲みながら、つくづくと、いつも素面でいることの素晴らしさを実感することだろう。

 

 そして、帰り道。二次会へと流れる酔っ払いどもを尻目に、ガッツポーズを決めて、足取り軽く颯爽と家に向かうのだ。翌朝の爽やかな目覚めで、更に断酒の素晴らしさを実感することだろう。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》