酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

積極的に飲まない!(断酒55日目)

f:id:anomiyakun:20130508215723j:plain

断酒もそろそろ2ヶ月を満了しようとしているこの時期、まだまだ、飲みたい気持ちはある。

 

ただ、最近思うのは、酒を飲みたいという気持ちを押し殺すのではなく、それはそのままにしておき、もっと積極的に、

 

「私は、酒を飲まないほうを選んでいる」

「私には酒は不要なのだ」

「私は、自ら望んで、酒を飲まない人生を歩んでいる」

 

というような、酒を飲まないほうを前面に押し出していこうと。

 

すると、酒を飲みたいという気持ちの上に、積極的に飲まないという生き方が、どーんと重石になって、飲みたい気持ちはずっと押しつぶされ。漬物と漬物石みたいなイメージかな。数ヶ月から一年もすれば、飲みたい気持ちから水分が出てしまい、いい味の漬物になってるかも。

 

積極的に飲まないというのは、先日記事に書いたY字路で表現すると。。。

 

直線を走ってくる列車があり、線路がY字に分かれている。自分で能動的にポイント切り替え機のレバーを操作して、飲まないほうへ列車を誘導する。そのまま、ずっと飲まない路線をひた走る。

 

こうして毎日、酒を飲まないことに関して何かしら文章を書いていると、飲むわけにはいかない、という重石になる。ブログって、いいなあ、と純粋に思う。

 

ブログだけではなく、酒を飲まないためなら、何でも利用する。酔ってハイになっていた自分は、単にアルコールという麻薬で脳が麻痺していただけなんだ、と、自分に言い聞かせ、しらふの自分が本当の自分なんだ、と強く念じる。

 

それにしても、酒は魔物だ。今でも、体内に、飲みたい、頼むから飲ませてくれと懇願する、もう一人の自分がいる。何度も追い出したのだが、一向に出て行かないので、こいつは、もうそのままにして、先ほどの漬物で例えるなら、飲まない自分が重石になって、押しつぶしてやる。

 

私にとって、酒を飲まない日々のほうが、遥かに幸せである。これは、断酒を開始してから今日までの日々が、それを証明している。

 

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》