酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲みたい酔いたい(断酒80日目)

f:id:anomiyakun:20130602110215j:plain

今日は、自分の中に突如として湧き起こった、実に実に、矛盾した気持ちに、我ながら無性に腹が立った。が、相手は自分なので、殴るわけにも叩くわけにもゆかぬ。

 

『飲みたい酔いたい』

 

日曜の昼前から、こんな気持ちが、怒濤のように押し寄せてきた!今日で80日目となった断酒だが、今までで、一番強い波が来たようだ。

 

飲酒の快感を記憶している脳の一部分が、アルコールを入れろと逆襲している。

 

---------------------------------------------------------------------------------

一度くらい、スリップしても、いいさ。ちょっと出て、缶ビールと焼酎買ってきて、飲んでさ、酔ったら寝ちゃえばいいよ。また、明日から断酒で行けばいいじゃん。

今日は休みなんだし。誰にも迷惑かからないよ。

---------------------------------------------------------------------------------

 

こんな甘い言葉が、頭の中に響いた。

 

飲むのは簡単。酔うのも簡単。買ってきてゴクゴク飲むだけだもの。でも、それをしてしまったら...恐ろしい!けれど、自分の心の中の悪魔が、そっちへ引っ張ろうと、物凄い力を出している。

 

断酒を継続出来ているからといって、全て悟った仙人のようなわけには行かないんだなあ。お酒の魔力と戦う人々の一人として、そんな気持ちが湧いてきても、振り払い、脱ぎ捨てる。目を閉じ、自分と酒をリングに上げて、バトルしようかと思ったとき。。。

 

ふと、頭に手をやると、

 

(おぉー。伸びたな)

 

娘がヒマそうなので、バリカンで刈ってもらうことにした。散髪が終わるまでは、動けないからね。

 

私:「おおーい!あくび!」(小さい頃から、ハクション大魔王のあくびちゃんの

f:id:anomiyakun:20130602103210j:plain

ように、おやじを困らすイタズラばかりしているから、こう呼ぶ)

娘:「なーに?」

私:「パパの頭を床屋さんしてくれ」

f:id:anomiyakun:20130602103455j:plain

娘:「え!どんな風に刈ればいいの?」

私:「任せる」

 

(んーーー、少しトラ刈りだが、まー、OK!)

 

娘は、おやじの頭を刈るのが大好きだ。私はあまり細かい事は言わないし、娘は、バリカンが髪を切るときの音と感触が好きだと言う。

 

小一時間の床屋タイムで、すっかり、飲みたい酔いたい気持ちがどこかへ飛んだ!


と、ここまで書いてきて、酒との格闘は、己一人だなーなんてしみじみ思ったところで、かなり話題が突拍子もなく変わるが・・・

 

ふと、唐突に思い出したのは、以前何かの本で読んだ、曹洞宗開祖・道元の言葉。

 

『他はこれ吾にあらず 更に何れの時をか待たん』

 

f:id:anomiyakun:20130602105554j:plain

道元が中国の禅寺で修行していた頃。ある暑い日、一人の典座(てんぞ・食事を作る人)の老僧が茸を干していた。食事係と言えど、長く修行している偉いお坊様だが、眉毛は真っ白で、背は曲がって、辛そうに見える。


道元は、それを見て、誰か他の人にやらせたらどうか、と話しかける。

 

それに対して答えた老僧の言葉が「他はこれ吾にあらず」。


道元は、もうひとつ、今はとても暑いから、もっと涼しくなってから、その茸干しの作業をやったらどうかと勧める。


老僧の答えは、「更に何れの時をか待たん」。

禅の修業ではないけれど、断酒も、この話の通りだ。

断酒は自分で行うことであり、誰かに代わってもらうことは出来ない。更に、今日暑いから飲んで、明日から断酒しよう、などと言うわけにいかず、今、飲まない、ということが大事なんだ。

いやな事、面倒な事は誰かにやってもらったり、後回しにしているうちに、何もせず人生が終わる。

 

怒濤のように押し寄せた飲酒欲求とのバトルで、本日も良い勉強ができた!合掌!

 

f:id:anomiyakun:20130602112906j:plain

 

 

 

(しかし、夕方、こんなものを飲んでしまった!もう一度飲むかと言うと、私には、カラメルの味が強くて、甘すぎなので、いらないかなー)

 

 

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》