酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

アルコールによる脳萎縮の恐怖(断酒111日目)

f:id:anomiyakun:20130703194223j:plain

 アルコールによる人体へのダメージというと、肝臓が先ず浮かぶ。すい臓も、アルコールでダメージを受けやすい。お腹の中の臓器は何となく分かるが、ついつい忘れられていて想像するだに恐ろしいのが、『脳』への悪影響だ。

 

 一昨日、昨日と、記事にしてきたが、酒を飲むことは、身体にどのような影響を与えるのか。断酒を決意したころに比べ、心に余裕が出来てきたので、改めて調べてみた。

 

 【アルコール 脳萎縮】と入れて、googleで画像検索してみてほしい。健常者と、アルコール依存症者の脳の断面図が沢山出てくる。説明文も様々だが、大体同じ事が書いてある。

 

 酒をずっと大量に飲んでいる人と、全く飲まない人の、脳の映像を見て、アルコールが脳に与えるダメージを具体的に肌で感ずることが出来る。

 

 そして、アルコールによる脳萎縮が起こりやすいのは、ナント!理性を司る前頭葉なのだそうだ。酔ってくると麻痺するけれど、脳萎縮が進行すると、しらふでも大脳が麻痺してしまうかもしれない!

f:id:anomiyakun:20130703194621j:plain

 

 『脳』は、人体のあらゆる臓器・筋肉・神経をコントロールする司令塔だ。その一番大事な部分が、アルコールで破壊されてゆくなんて。今まで考えたこともなかった。知識として薄っすらと知ってはいたが、自分とは全く別世界の、病的に飲む人が罹るのだろう、と。自分が病的に飲んでいることに気付かなかった。

 

 今のところ、これといった障害は出ていないので、脳外科でCTスキャンを受ける予定もないが、たぶん、同世代の酒を飲まない人に比べたら、加齢によるものにプラスして、アルコールによる脳萎縮で、かなり私の脳はスカスカなのではないか?

 

 ( 酒は一生、死ぬまで飲む。酒を飲んで酔っ払ったまま死にたい。)←かつて、のんべーだった頃の私のセリフ。アホ・バカ・マヌケの私。

 

 

===========================================

 

f:id:anomiyakun:20130703194350j:plain

 断酒の神様の声:

  『おいおい、のみすけ君!(←私のこと)

 酒飲んで、自分の大事な脳を破壊している場合じゃないよ!

 酔っていい気持ちのときも、泥酔してるときも、二日酔いのときも、アルコールは君の脳を確実に少しずつ萎縮させてるんだぞ!』

 

 のみすけ:

 「えぇーーー!知らなかったなー。もう遅いかもしれないけれど、酒やめたんで、これ以上は萎縮しないですか、神様!」

 

===========================================

 

 

f:id:anomiyakun:20130703194137j:plain

 いつもの公園に、今日もいた可愛いやつら。本当にかわいい。ひとつ上の写真は、この写真の左の猫の寝顔のアップ。

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》