酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

過去の自分が望んだ今の姿(断酒238日目)

 今日は、何を書こうかな。日中、こういうことを書きたいな、って浮かぶ時が、一番楽だ。もう、ほぼ書けたようなもの。

 

 ブログの編集画面を開いても、中々書くことが浮かばない日もある。内容が定まらないから、タイトルも考えつかない。今日が、そうだ。でも、書き出してみた...

 

 酒を飲んでも飲まなくても、同じように時は流れ、私の目の前を飛び去って行く。

 

 この地球上に生きている人間(だけでなく全ての動植物)に、与えられた有限の時間。どう使って、どう生きようと、その生命体の自由だが。

 

 ずっと前からだが、このブログを更新しようかと、画面を開ける度に、あー、もう、一日終わろうとしている。時間の経つのがなんとまあ早いのだろう、としみじみ感ずる。

 

 断酒ブログなので、酒のことばかり書くが、もし私がまだ飲んだくれ生活をしていたと仮定する。

 

 私:『あのな、昨日の晩だけど、オレ、どうしちゃったんかな?』

 妻:『はぁ?全然覚えてないの?』

 私:『ん~』

 妻:『信じられないことしてくれたんだよ!』

 子1:『そうだよ!なんだよ、普段はエラそうなこと言ってるくせに!』

 子2:『パパって、バカすぎるね、あんなにお酒飲んでさ』

 私:(やっべぇー・・・何も覚えてない。オレ、何をやらかしたんだろう)

 

 このぐらいで済めばいいが、たぶん、もっと酒量が増えて、更に依存症が進んでいた可能性が高い。断酒直前の頃は、母親の死や、その他心労が重なり、それまでの酒量をかなりオーバーしていたから。

 

 今ある姿・状態は、過去の自分が望んだものなのだそうだ。私は、僅か8か月前の過去に、今の飲まない自分を思い描いて、断酒した。ブログを読み返すと、かなり凄まじい己との闘いが、繰り広げられたことが分かる。但し、そんな日々も、過ぎ去ると、なぜか、懐かしい。

 

 今日が、明日には過去になる。今、思い返すと、ある出来事をきっかけに、荒療治ではあったが、あの日、断酒を思い立ち、実行して良かったと、心の底から思う。あの日時にやめていなければ...んー...ゾッとする。

 

 そういう意味では、昨日も今日も明日も、同じように酒を飲んで、同じように管を巻いて、同じように酔っ払っていたら、例え何年経とうとも、それが自分の望んだ姿ということになるから、結局は、飲んだくれのままなんだねー。
 

 私は、自分のそういう姿を嫌い、飲まない自分を望んだ。どういう手段でやめるにしても、先ずは、自分が断酒を望むか、どうか、明日からすると、過去の今日の自分が決めることだ。

 

f:id:anomiyakun:20131107193428j:plain
たまには、夕暮れの写真を・・・

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》