酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

『やめられない』読書感想文(断酒248日目)

 最近、図書館で、アルコール依存症の棚を見ることが多い。そこには、別の依存症の本も置いてある。先日目について借りてきたのが、タイトルの本。

 

 『やめられない《ギャンブル地獄からの生還》(帚木蓬生)[集英社]』

 

 同じ依存症の一分類として、ギャンブル依存症とはどんなものなのか興味があり、借りてみた。内容的には、あまりにもアルコール依存症とそっくりで、驚きの連続だ。前半に、ギャンブル依存に陥った人々の経験談が何話も書いてある。

 

 普通の主婦だったり、会社員だったり、赤ちゃんが生まれたばかりのママだったり、大学生だったり、様々。アルコール依存症と同じで、ギャンブル依存症も、老若男女、問わず、誰でも罹患の可能性がある、怖い病気だ。

 

 因みに、私は、ギャンブルは一切やらない。宝くじも、そのからくりを知ってから、もう10年以上前に購入をやめた。

 

 高校生の頃、パチンコに興味があり、入ってみたら、一瞬で500円が消えた。当時の私にはショックが大きすぎ、これは、大変危険なものだと認識し、そのまま現在に至っている。ごくたまに、夏の暑い日に涼みに入ったり、トイレを借りたりするには重宝しているが(笑)チンジャラの音と大音量の音楽がうるさいし、タバコ臭いし、打ってる人の目は血走っているし、私にとっては、とてつもない異様な雰囲気が漂っている。

 

 競馬は、20代の頃、知人に連れられ、何度も足を運んだ。これも、馬を見るのは楽しいが、どれが何位に入るか予想するなんて面倒だし、当たらないので、いつも100円だけ万馬券を買っていた。一度も当たったことが無いが、損しても、100円×レース分だけ。せいぜい数百円だった。

 

 この本によると、一度ギャンブル依存症に罹ると、そこから抜け出すのは、中々難しい。先ず。病気であることに気づかなければ、少しも前進しない。アルコール依存症と違うのは、借金の多さかもしれない。友人知人職場の同僚から借りまくり、不足なら、サラ金に手を出し、子供の小遣いまで盗み、会社の金を横領する。

 

 

 ギャンブルには元手が必要だから、嘘八百並べて、カネを工面する。

 

 アルコール依存症の人が、とにかく飲みたくて、どんな困難をも厭わず、酒を買いに行ったり、家人に見つからぬ所へ、それを隠したりする行動と、似ている。

 

 ギャンブル依存症の回復への道のりは、月一度の通院と、週一度のGA(ギャンブラーズ・アノニマス)への参加だということだ。アルコール依存症のように、薬物を身体に入れてなる病気ではないので、これを飲んでおけば、取り敢えず、大丈夫といった薬がないそうだ。

 

 あと、離脱症状が、長いと3ヶ月くらいも続くという。

 

 GAがミーテイングのテキストに使う12のステップは、アルコホリックス・アノニマス(AA)12のステップを改変して作られたものだそうで、内容は殆ど同じ。文章の中のアルコールをギャンブルに置き換えただけだそう。

 

 なので、この本の、ギャンブルの部分をアルコールに置き換えると、殆どアルコール依存症と同じような感じを受けたわけだなー。

 

 何にしても、依存症というのは、げに恐ろしい病気である。アルコール依存症ばかりではなく、他の依存症の本も、読んでみて、もっと広く『依存症』について学んでみよう。

 

f:id:anomiyakun:20131117203558j:plain
今日の散歩で発見した、近所の大きな南天の木。鮮やか!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》