酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

合格発表(断酒352日目)

f:id:anomiyakun:20140301225308j:plain

 趣味のひとつ、ボクシング観戦に行っていて、帰りがかなり遅くなり、ブログの更新も、遅れてしまった。

 

  帰宅後、軽く食事をしたあと、さて、寝るかな。。。あー!ブログ!と思い出した。

 

 今日から、3月ということで、そろそろ一年が見えてきたなー。

 

 飲んだくれ時代に始めたボクシングは、断酒後の生活を維持するのに、とってもよい運動になっている。これまで、ここには書かなかったけれど、ちょっとした、断酒継続の秘訣・秘密だった(笑)機会があったら、ボクシングのことも書いてみたいな。

 

 ところで、昨日、息子の高校入試の結果発表へ付いて行った。

 

 毎年繰り返されるこの光景は、文字通り、悲喜こもごもだ。

 

 既に、結果を見てきたのだろうか、悲しい顔つきですれ違う子もいたり。一人で、または親と一緒に。そこでは、合格者は、手続きがあり、すぐには帰らないので、すれ違う子は、不合格だったということだ。

 

 私も、かなり昔の自分自身の高校入試の頃を思い出した。

 

 そこには、試験結果によって、その学校への入学が許されるかどうかの厳然たる峻別がある。

 

 確かこのブログに書いたことがあるが、飲酒にも、こういった試験があればいいのにな、と、真面目に考えている。もちろん、任意でいいので、問診とか血液検査とかの総合判断で、入試のように、飲んでもいいのか飲んではいけないのか、合否判定が出ればいいのになー。

 

 そもそも、こんな試験は強制は出来ないので、せめて受けたい人だけ受けて、自分が酒を飲んでもいいのかどうか、の合否判定だけでも、もらっておけば、後々のためにいいのではないかな。

 

 不合格を承知で、酒を飲む人生も、それはその人が選ぶのだから、他人がとやかく言うことではないし。ただ、本人が、酒と自分とのことについて何もしらずに深みにハマる現状は、私には腹立たしいだけ。

 

 思うに、合格した人は、飲み方が元々上手な人だろう、きっと。本当は飲んではいけない、不合格だった人が、それを認めず、問題飲酒に走るのだろう。例えるなら、飲酒学校への入学試験には落ちているのに、強行突破して、無理やり門を潜り、勝手に入学してしまうようなものだ。

 

 もちろん、私も勝手に入学して通っていたのだが、落第し、放校の身となったわけだ。元々入学の要件を満たしていないので、授業についていける訳もなかったのだが、30年以上、在籍してしまった。。。が、今は、別の学校に入り直した。

 

 その学校は・・・断酒学校の優等生だ(笑)


 ----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 ボクシング観戦からの帰路、飛び乗った電車で、例の臭いが。見回すと、私の立つ狭い範囲に、3人もいた。一人は、真っ赤な顔で、寝ている。もう一人は、ワンカップサイズの透明プラスチック容器入りの焼酎を片手に持ち、ちびちびやっている。これら二人は、男性。で、三人目は。。。私の目の前に座る、老婆。ロング缶に、(たぶん)ソックス?を被せ、酒であることを隠して飲んでいる。何故か私を睨むその目は、腐った魚のようで、なんだか、不気味だった。。。

 ----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》