酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酔っ払いオヤジはY-1へ!?(断酒1年116日目)

 《駅員らへの暴力、多いのは「酔っ払ったオヤジ」》

と読売ニュースに出ていた。

 

 記事によれば、加害者の6割近くが飲酒しており、4割近くが午後10時以降に発生。特に、飲酒量が多くなりがちな夏場や週末に件数が増加。年代別では、60歳代以上が23・4%で最も多く、50歳代が20%、30歳代が18・6%だそうだ。

 ええっと・・・23.4+20+18.6=62

 

 つまり、酔っ払いオヤジ60代+50代+30代だけで、62%も占めているわけね。40代は、入っていないのかな・・・と、探してみたら、

 産経ニュースでは、客の年代別では30代が24%、40代が20%、60代以上が17%と書いてある。ここでは、50代がいないな(笑)

 

 それぞれ微妙に違うが、40代を20%として、再度計算すると...

 

 ええっと・・・23.4+20+20+18.6=82

 

 つまり、酔っ払いオヤジ60代+50代+40代+30代で、82%も占めているわけね。呆れたもんだ!

 

 続けて、読売ニュース記事には、JR八王子駅で昨年12月、男性駅員が50歳代の酔っ払いオヤジから終電について尋ねられ、運転が終わっていると伝えたら、尻を蹴られ全治7日の軽傷を負ったと書いてある。産経ニュースでは、プラットホームで駅員が乗客にからまれ、顔をかまれたケースもあったと書いてある。

 

 殴ったり、蹴ったり、噛んだり、何とまあ、元気がいいんだ、酔っ払いオヤジたちは!

 

 こんな飲んだくれオヤジたちを一同に集めて、酔っ払いオヤジ対決・飲んだくれオヤジ決戦でもしてくれ!ということで、《Y-1》でも立ち上げたらどうかね。

 

 さて、Y-1とは。調べたら既に、奄美の余興グランプリと言うので、Y-1てのがあったけれども。

 

 こっちのY-1は、酔っ払いオヤジ・グランプリだ。駅員に暴力を振るわないで、リングで思い切り暴れてくれ!

 

 開催日時、夏(6月~9月)の週末、22時過ぎ。開催場所は、各鉄道の駅の特設リング。出場条件は、十分に飲んだくれて、暴力的なこと。ひとつのターミナル駅だけで、十分に出場資格のあるオヤジたちが、何十人もいるんじゃないか、今晩22時過ぎ辺り(笑)

 

 おーっと。もうそのうちの一つの会場に来てしまった。

 

 今晩の第一試合だ。

 

 試合が始まる前に、両者ドクターチェックを受けている。呼気検査で、体内アルコール量が一定量以上無いと、試合は出来ないことになっている。

 

 赤コーナー。50代オヤジA。スーツ姿。頭にネクタイで鉢巻してる。

 青コーナー。60代オヤジB。アロハ姿。どういうわけか、アロハシャツのボタンが全部引きちぎれて、貧相な胸と太鼓腹が覗いている。

 レフェリー。C鉄道の駅員。

 

 ゴングが鳴る。カーン!

 

 ・A、物凄い勢いで、出た。蹴りだ!当たらない!

 ・B、丸で酔拳のようにクルクルとAの攻撃をかわしている...かと思ったら、単なる千鳥足じゃないか!

 ・A、当たらない蹴りに業を煮やし、パンチを繰り出す!ひょろひょろパンチだ!

 ・B、ボディーに軽く触れた程度のへなちょこパンチをもらったと同時に、口から何だか激流のように吹き出したぞ!あー、ついさっきまで食べて飲んでたものが出て来ちゃったのね。

 ・A、予想外のBの攻撃に、あっけなくダウン!

 ・レフェリー、カウントを始めた...

 ・あれれ、何だか、Bもダウンして寝てるぞ。良く見ると、二人ともいびき掻いて熟睡してるねー。

 ・はいーっ、引き分け!

 

 続いて、第二試合。

 

 赤コーナー。60代オヤジD。作業服姿。

 青コーナー。40代オヤジE。ジャージ姿。

 レフェリー。F鉄道の駅員。

 

 試合開始のゴング!

 

 D、コーナーから立ち上がり、いきなり倒れこむ。

 E、それを見て、大笑い。

 レフェリー、カウントを開始する。

 ・

 ・

 ・

 酔っ払いオヤジのガチンコ勝負は、こんなところだろうか。

 

 兎に角、仕事中の駅員さんに暴力を振るうのは、良くない!のだが、酔っ払いオヤジの脳は、エタノールで麻痺しているので、歯止めが効かないんだね。

 

 因みに、私も酔っ払いオヤジだったが、駅員さんはおろか、家族にも、動物にも、物にさえ当たった(つまり暴力)ことは一度もない。かなり大人しい泥酔オジサンだった。私は、兎に角、酔っ払うと、所構わず寝てしまう習性があった。一番頻度が高いのが、自宅トイレ、ついで、終電車。駅や公園のベンチも多かった。玄関でも寝ていた。

 

 そんな泥酔状態で寝てしまって、ふと白々と明けて来た朝方、目が覚めて...

 やっちまった!ここはどこだ!今何時だ!ヤバイ!

 これが、いつものパターンだった。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》