酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

楽しみが苦しみに変わるとき(断酒1年171日目)

 飲酒が楽しかった時代がある。思い出もある。

 

 仲間とワイワイ飲んでも、一人でしんみり飲んでも、酔うことが楽しかった。酒場のつまみも、店によって色々と違い、あっちで焼き鳥、こっちで刺身と、飲むだけではなく、結構食べてもいた。楽しかったこの時期は、概ね自分が若かった頃と重なる。

 

 若さというものは、ただそれだけで体力も気力も充実しており、飲み過ぎた翌日も、夕方までには酒が抜けていた。二日酔いの反省もどこへやら、また酒を飲みに出歩いたりしていた。

 

 この辺り、私もそうだったし、こちらに集う仲間の方も、恐らくそうだったのではなかろうか。

 

 この頃は、何度もブラックアウトしてトラブルを起こしていたのにも関わらず、それでも楽しい思い出の方が多かった。仕事もバリバリやり、酒もバリバリ飲んでいた。もう戻らない、青春の日々と言うやつかな。

 

 ところが・・・酒をやめよう・やめなければ、と決意した頃の私には、飲酒と言う行為は、もはや純粋な楽しみではなく、毎日飲まずにはいられない、悪循環となっていた。飲んでは悪酔いし、反省するが、また飲む。

 

 楽しかった頃から、どこかで、カチッと切り替わった訳ではない。徐々に、本当に少しづつ酒への依存が強くなって、いつの間にか、夕方になると、それを身体に取り込まずには一日が終わらない、という身体と心理状態に変化していた。

 

 楽しみが苦しみに変わったのなら、そこでその行為を中断すればいいものを。

 

 趣味で走っているとして、膝を痛めたら、無理して走ることはしない。先ず膝を治すことが先決だ。テニスをやっているとして、肘を痛めたら、やっぱり回復するまでは無理をしない。

 

 だが、飲酒という行為は違うのだ。実は苦しみに変わっているという事を、自分では気付かない。気付いても、認めない。もし、認めても、屁理屈を並べて、飲酒という行為を正当化しようとする。更には、どうしようもなくなって、断酒を思い立っても、その実行と継続には、かなりの障壁が待ち構えている。

 

 あー、何と厄介で難儀な”趣味”なのかね飲酒は。

 

 もちろん、飲酒と言う行為が、一生楽しみのままで終わる、穏やかな酒飲みの人の方が、圧倒的に多いのだろう。今の私は、昨年の今頃と違い、もうそういう人を羨ましいとは思わないけれど。

 

 飲酒が苦しみに変わったなら、迷わず、断つ。これしかない。

 

 でも、迷う。

 

 一生酒を飲まないなんて、出来ない。とか、酒のない人生なんて想像も出来ない、とか。酔いの世界への逃避が無くなるのは、耐えられない、とか。まー、あれこれと考えて、悩んで、迷って、結局ズルズルと先延ばしにしたりする。

 

 エイヤ!と迷いを断ち切って、清水の舞台から飛び降りる心境で、苦しみの元を断つ。これが、一番で、これしかないと思うが、どうだろう。

 

 未来のいつか、今思い切ってやった行為についての後日談が必ずあるはずで、それは、あの断酒の苦しみが、いつの間にか楽しみに変わった、と言うものになるだろう。

 

 時間がかかるけれども、「楽しみが苦しみに変わる時」の反対で、「苦しみが楽しみに変わる時」も、必ず訪れる。これも、ある日を境にカチッと切り替わるのではなくて、やっぱりいつの間にか、気付いてみたら、飲まない日々が当たり前で、ただ普通に楽しいのだ。

 

 私は今、不飲酒が楽しい。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》