酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

踏み越えた先に見ゆるは別天地(断酒1年217日目)

 自らの意志で断酒を開始して、その期間が数日から数ヶ月の方が、何人もコメントを入れて下さる。

 

 そのコメントの内容からは、それらの方々の、飲みたい酒を断っていることの切なさと、もうひとつ、断酒への決意が、ひしひしと伝わってくる。

 

 私は、昨年の自分を思い出す。ブログを読み返すと、連日酒を飲みたくて、じりじりしていたことが分かる。

 

 断酒の7年ほど前の禁煙の時の、吸いたくて吸いたくてじりじりした経験が、飲酒欲求をやり過ごすにはどうしたらいいか、と言うことに少しだけ役に立った。ただ、喫煙欲求と飲酒欲求は、似ているけれど、違う。

 

 断つということを決めた時の心構えも、酒とタバコでは全然違った。

 

 何度か書いたが、私の場合、タバコは何度も禁煙チャレンジしては失敗した。10回以上は禁煙と喫煙を繰り返した。タバコの時は、かなりいい加減な気持ちでチャレンジしていた。

 

 酒を断つことを決めた時は、悲壮感が漂っていた。

 

 「今断たないと、もう後がないぞ!」

 

 これを思った。

 

 断酒の決断そのものは、エイヤッ!と出来ても、それを日々継続することが、途轍もない辛く、苦しい。これだけは、みなさん同じだろう。しかも、これを楽にする薬などない。

 

 手っ取り早くその症状を取り除くことの出来る唯一の方法は、また酒を飲むことであるが、これをやってしまうと、元の木阿弥ということになる。

 

 飲みたい酒を我慢することの苦しさ・辛さは、永遠に続くわけではない!このことをお伝えしたい。それと、飲酒欲求から解放されるためには、この辛さ・苦しさを味わうことが一番の薬であるということ。以前も書いたけれど、漢方薬のように、じわじわと効いてくる。一年くらいかかるかもしれないが。

 

 それまでは、自分に合った方法を工夫して、飲みたい気分をやり過ごしてほしい。ほんの少しずつだが、階段を一歩一歩降りて行くように、日々楽になっていくことは確かである。

 

 タイトルの5・7・5に、7・7を追加して、歌に仕立ててみよう。

 

 『踏み越えた 先に見ゆるは 別天地 苦しみ去りて 味わう聖地』

 

 あと二つ。

 

 『今ここで 飲んでしまえば 楽になる 希望を捨てて 戻るアル中』

 

 『飲みたさを 堪え堪えて(こらえこらえて)食いしばる その先に待つ 楽を信じて』

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》