酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

笑顔でおはよう感謝でお休み(断酒1年229日目)

 今朝、スロージョギングで立ち寄ったお寺の境内に、

「笑顔でおはよう感謝でお休み」

と書かれた紙が掲示されていた。

 

 短いけれど、一日を笑顔で始めて、感謝で締めくくるという、とっても身体と心によさそうな生活を表している。

 

 朝は爽やかに起きて、家族に笑顔でおはようと言い、寝るときは、今日も無事一日終わったなー、と感謝の心で布団に潜り込むわけだ。何とまあ、心地よい生活だろうか。

 

 アルコールに依存していた頃は、朝は笑顔どころか、酒の残る身体では気持ちが悪くて、苦痛に歪んでいたはずだ。夜は、飲んだくれて酔っ払ってしまい、一体いつ眠りについたのか分からないと言う体たらく。

 

 コメントを入れて下さる断酒の仲間の方々も、皆さん生活の質が変わったと言う事をおっしゃる。

 

 酒に奪われていた生活のコントロールを、自分に取り戻すことが出来たからこそ、だ。

 

 もちろん、いつもきちんと決めた分量で晩酌出来ている人は、楽しい飲酒で、朝も爽やかに起きて笑顔でおはよう、夜もほろ酔い程度で、感謝でお休みという生活が出来るていることだろう。

 

 私のような飲酒コントロール不能人間は、自分の飲む分量を決められない。決めても、それ以上飲んでしまうから意味がない。ミスター・アンコントローラブルである。この手の人間は、酒を断てば良いわけだ。(と言うよりは、断つしかない!)

 

 やめた当初は酒とのお別れという、悲しい気持ちが強くて、飲めない一日がとても長く長ぁ~~~く感じるけれど、一日一日と何とかやり過ごす内に、ある時、ふっと楽になっていることに気付く。

 

 そうなってくると、masaさんやmmさんや野の百合さんがコメントに入れて下さったように、酔っ払いを見る目が、俄然変わってくるのである。人の振り見て我が振り直せ、というやつで、あれが、以前の自分なんだな、と、かつての自分を客観視出来る。すると、益々、飲まない生活が素晴らしく思えてくる。

 

 と、こういう、断酒の好循環に突入すると、酒を飲まない生活が楽しくなってくるのだ。私は今、飲まない生活がとても楽しい。用があれば夜遅くまで起きていられるし、朝も、どんなに早くても起きてすぐ行動が出来る。

 

 それでは、そろそろ、感謝でお休み!と言う事にしようかな。

 明朝は、笑顔でおはよう!だ。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》