酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

ジタバタドタバタ(断酒1年231日目)

 ちょっと調べるだけでも、ちゃんとした機関で、アルコールと疾病の関連がコホート研究で証明されているのが分かる。

 

 例えば、大腸癌と食道癌。これらは、日々のアルコール摂取により、罹患率が確実に上がる。

 

 こちら、国の歴とした研究機関が、出している資料である。こういうものを見るにつけ、私は染み染みと酒をやめてよかったと、ほっと胸を撫で下ろすのである。

 

 ★国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究グループ
 《飲酒と大腸がんリスク

 『男女とも、過度の飲酒で大腸・結腸・直腸がんリスク高く』

 《飲酒と食道がんの発生率との関係について

 『飲酒と喫煙は食道がんの強力な原因』

 

 アルコールが原因となる癌は、これだけにとどまらず、更にアルコールが原因の癌以外の疾病もてんこ盛りであることは、これまで何度も書いてきた。

 

 さてさて、「そんなこた関係ねー!やっぱり酒は(^o^)んまいな〜!」と、飲み続けていたある日、検査で食道癌とか大腸癌が見つかり、ステージ4ですと言われたら・・・

 

 インターネットを駆使して、何とかならないものかと、必死で癌に関する情報を探したところ、実は今まで愛して飲んできた酒が、この病気の原因のひとつだったかも、と言うことになると・・・

 

 え!ええ〜!酒が原因だったのかよ!聞いてねーよ!勘弁してくれぇ〜!

と、ジタバタドタバタが始まる。地団駄踏むかも。時すでに遅しであるが。

 

 私が以前からたまに閲覧していたある方のブログ(Aさん)がある。数か月見てなかったのを思い出し、今朝読んでみたら、えー!と驚くことが書いてあった。私が知っているAさんは、自営業で年齢は還暦。酒が大好きなスポーツマン。酒の飲み方は私と似たような感じ。ブログは元気いっぱいで、いつも明るい話題が満載だった...ハズなのに、久しぶりに見た記事には、「抗がん剤」という単語がある。え!Aさん、どうしたんだろう?

 

 その記事だけでは分からないので、過去の記事も読んでみたら、数か月前に、消化器系の癌が見つかり、余命半年の宣告を受けたとのこと。夏に手術したと書いてある。既に癌はあちこちに転移しており、後は抗がん剤での治療を続けるしかないそうだ。

 

 でも!Aさん、懲りもせず、退院後もお祝いと称して酒を飲んでいる。これはこれで、Aさんの人生なので、私は何も言う事はないけれど...今後どうなるのだろう?

 

 と、こんな事を書いている私だって、還暦の頃に身体のどこかに癌が見つかるかもしれないけれどネ。

 

 まー、その時は、諦めるしかないと思っている。でも、酒をやめてから10年後に癌が見つかったとしても、飲み続けて見つかったとしても、それはそれで受け止めるしかないだろうな。何しろ、31年間飲んでいたという事実は、消すことは出来ないのだから。

 

 タバコもそうだけれど、酒も、決して身体に良いものではないから、やめるのは早いほうが良い。早ければ早いほど、良い。

 

 (私は、遅かった!でも、今はやめている!)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》