酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

♪のんべが町にやってくる(断酒1年263日目)

 今日はネタが浮かばなかったので、替え歌を作ってみた。

 

 街はクリスマス一色なので、誰でも知っている歌《サンタが町にやってくる》をちょっと借りてみた。

 

 

『のんべが町にやってくる 』

 

♪さあ
 あなたから サケー・ノンデマス
 わたしから サケー・ノンデマス
 ノンダクレーズ・イズ・カミング・トゥ・タウン


 ネ ちかづいてくるでしょう
 泥酔がすぐそこに
 ノンダクレーズ・イズ・カミング・トゥ・タウン

 待ちきれないで 深酒した人に
 きっとものすごい 二日酔いもって


 さあ
 あなたから サケー・ノンデマス
 わたしから サケー・ノンデマス
 ノンダクレーズ・イズ・カミング・トゥ・タウン♪

 

 (*追記:この替え歌を口ずさんでいたら、子供に間違いを指摘されてしまった(汗)サンタクロースは単数形だからイズ(is)だけど、替え歌のノンダクレーズって複数形だからアー(are)にしなきゃだめだと・・・確かにそうかも!・・・でも、このままにしておこう・・・)

 

 なんだかんだと、色んなイベントにかこつけて、必ず顔を出すのは、アルコール。これはもう、お約束のようなもの。今月のメインは忘年会。24日が近づいて来ると、クリスマス・パーティか。

 

 飲まなくなった私には、ただただかまびすしいだけの、師走の街。特に夜は、あっちでもこっちでも、酒臭い。千鳥足の人も多い。私は、当たらず触らず、距離を取って、関わらないように歩いている。

 

 酔っ払いを、去年はちょっぴり羨望の目で見たかもしれないが、今年は、ただ哀れと言うか気の毒と言うか、無残な感じを受ける。わざわざ正気を失うような飲料を飲んで、ふらふらと街を歩いている姿が、正視に耐えないのだ。

 

 20代の若者なら、まだしも、自分と同世代のおっさんが泥酔している姿を見ると、おいおい、もう、酒はいい加減卒業したほうがいいよ!と思わず声をかけたくなる。何故そこまであんなものを飲んで酔わなければならないのだ?

 

 自分の中での酒の位置付けと言うものは、酒飲みの多くは、きっと一生同じままなのだろう。

 

 私は、気付いて、やめて、今の生活があって、ただただ良かったと、胸を撫で下ろしている。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》