酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒は「筋書きのあるドラマ」(断酒1年292日目)

 ついに2014年も、大晦日を迎えた。

 

 四十代、五十代と、加齢するごとに、毎年、時の経過が早くなっているように感ずる。それとは反比例して、自分の思考や行動のスピードが遅くなっていることに気付く。これが、老いであり、それを日々リアルに経験しているのだ。

 

 今年(2014年)の総括として、昨年始めた断酒が、本年も元旦から本日まで365日続いたことについて、タイトルの、断酒は「筋書きのあるドラマ」と言うテーマで締めくくりたい。

 

 「人生は筋書きのないドラマ」は、良く使われるフレーズである。この言葉は、ある人の意見では、矛盾していて、ドラマとはそもそも筋書きのあるものなので、それがない、と言うのはヘンなのだそうだ。

 

 多分、人生は往々にして、最初に決めた筋書き通りには行かない、と言う意味が込められているんだろうな。

 

 私は、断酒こそ、筋書きのあるドラマ、自分でシナリオを書き、その通りに演ずることの出来る芝居だと考えている。

 

 最初は、酒をやめた人を演ずるしかないわけだけれども、その内に、役柄そのものになってくる自分に気付く。

 

 もう飲まないぞ!と決めたら、飲まない人に成りきるしかない。煮え切らない態度で、未練がましく飲む理由を探しているのではなくて、どうやったら酒を飲まない人を演じ続けられるか、真剣に考えて行動するしかないのだ。だって、酒をやめた!もう飲まない!って決めたのは自分なんだから。

 

 酒をやめたいと思いつつ中々やめられない方が、もし、大晦日の今日、又は2015年の元旦にこの文章を目にしたのなら、ご自分で断酒の筋書きを、白い紙に書いて、断酒のドラマを演じてほしい。

 

 ・主演;自分

 ・いつから;たった今から

 ・どんな役柄;飲んだくれが酒をやめて生きる

 

 たったこれだけの基本的なストーリーに、いくらでも肉付けして、自分だけの断酒ドラマを作って、演じてほしい。騙されたと思って!

 

 きっと、2015年が素晴らしい年になる事、請け合い!

 

 最後に...

 

 今年一年書き続けて来たこのブログを、読み続けて下さった皆様、どうもありがとうございました。コメントを入れて下さった皆様、とても励みになりました。ありがとうございました。

 

 来年も元旦から、書き続けようと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

 

 それでは、皆様、よいお年を!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》