酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断絶は力なり(断酒2年16日目)

 一般的には、《継続は力なり》で、何にしても、先ずは続けることにより、身に付くと教えられる。

 

 勉強、習い事、稽古事、自分の為になることは、日々少しずつでも継続することが、力になる。

 

 正反対に、問題飲酒に必要なのは、《継続》ではなく《断絶》である。《中断》ではなく《断絶》。《中断》だと《再開》があるので、飽くまでも《断絶》。つまりは《禁酒》ではなく《断酒》。

 

 日々このブログを書き続けているのは、私にとっては、もちろん《継続は力なり》である。2年前の3月に酒を断ったのは《断絶は力なり》で、一度断絶した酒を飲まずにいるのは、今度は飲まない生活を続けている《継続は力なり》。

 

 人生、悪習・悪弊・悪癖は、どこかでプッツリと断ち切らなければ、ずっと付き纏う。

 

 生まれ持っての悪習・悪弊・悪癖などと言うものは無くて、後天的に自分が勝手に身につけてしまい、ある意味自縄自縛の状態に陥っているわけである。タバコ、ギャンブル、麻薬、覚せい剤、その他、依存性のあるものは、全て自分が始めたことだ。

 

 これら人生の害となる悪習・悪弊・悪癖から脱するには、それらと断絶する以外に道は無い。

 

 そんなことは百も承知だが、簡単にやめられるかと言うと、とんでもないわけで、多くの人は塗炭の苦しみを味わわなければやめられない。これは、仕方のないこと、避けられないこと。

 

 同じ酒を飲まないにしても、飲んだくれ(私)が酒を断つのは苦しみだが、生来酒なんぞを相手にしたことのない人(うちのかみさん)にしてみれば、飲まないのが当たり前のことなのだ、と、飲酒欲求に悩まされていた頃、私は実に不思議というか奇妙な気持ちがしたものだった。

 

 酒を飲まないのが当たり前の、飲み始める前の自分に戻る。そのために、苦しむ。苦しんでばかりじゃ長続きしないから、自分で工夫して、楽しみに変えてみる。こんなところだろう。

 

 そんなわけで、今、酒を飲みつつも、本当はやめたい人。自己嫌悪に陥っている人。先ずは、酒との、飲酒との《断絶》から始めてみよう。

 

 酒との《断絶》は、キツイけど、清々しい。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》