酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒になんか癒されたくはない(断酒2年97日目)

 今日も一日が終わった。

 

 辛いこともあった、嬉しいこともあった、心も疲れた、身体も疲れた。

 

 一日の仕事なり、予定していた行動なりが終わって、家路に就く、夕暮れどき。何に癒されるだろうか。何に癒されたいだろうか。

 

 それはもちろん、「お酒!」かな。世の中には、そう言う人が多いことだろうなあ。酒のほうでも、身をせり出して、私が癒してあげましょうってな感じで、あっちこっちの棚であなたを待っているかも知れない。

 

 そりゃま、昔の私は、毎日、酒に癒されていた(ような気がする)。

 

 でも、今の私の考えは、

「酒になんか癒されたくはない」

 

 そもそも「癒される」とは・・・「それとの関わりを通じて、辛い思いなどが和らぎ、穏やかな気分になること。ストレスが軽減されること。」だそうだ。

 

 辛い思いなどが和らぐ、ような気がして、飲んでいた。

 穏やかな気分になる、ような気がして、飲んでいた。

 ストレスが軽減される、ような気がして、飲んでいた。

 

 けれども、私にとっては、これら全てまやかしに過ぎなかった。決して酒は、癒してくれるはずもなく、ただそんなような気がして飲んでいただけだ。

 

 世間一般的にも、あたかも酒にそんな効果があるような雰囲気を醸し出している。売る側は、癒し効果を、目一杯酒のアピールポイントにしているし、買って飲む人も大いに勘違いして飲んでいる。

 

 (あ!誤解があるといけない。もちろん、本当に酒に癒される人は存在する。ここでは飽くまでも、私にとっての話を書いているに過ぎない。)

 

 癒されると思って飲み続けていたら・・・

 

 辛い思いなどが和らぐ、はずが、更に辛くなってきた。

 穏やかな気分になる、はずが、心が荒んで来た。

 ストレスが軽減される、はずが、飲むほどにストレスが増幅している。

 

 大方、こんなところだろう。

 

 そこに気付いた人は、

「酒になんか癒されたくはない!」のである。

 

 早朝の散歩で癒される。

 小鳥のさえずりに癒される。

 昇る朝日に癒される。

 頬を撫でる風に癒される。

 道端に咲く花に癒される。

 飼っているペットに癒される。

 子供のふとした仕草に癒される。

 一杯のお茶に癒される。

 

 何かの薬を飲んで癒されるような気がするのは、脳内でその化学物質が作用しているに過ぎない。酒で言えば、エタノールが脳に作用しているに過ぎない。

 

 本当の癒しは、もっと健康的である。本人の気付きが第一の条件である。自分の身近にいくらでもある癒しの機会を捉えることが出来れば、いつだって癒されるのである。

 

 また、癒されるだけでなく、癒してあげることも必要だ。癒し癒され、持ちつ持たれつ、生きて行こう。

 

f:id:anomiyakun:20150604201906g:plain

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》