読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

駅で見た酒にやられた人(断酒2年201日目)

 今日の午前11時頃だった。

 

 山手線の某駅のホームの端のほうで、30代くらいの男性が、体育座りで、顔は両膝の間に埋めて、じっと動かない。足元には、濁った水たまりが出来ている。その上にはちょうど顔があるから...

 

 かばんとか、リュックとか、そう言った物が近くには無くて、手ぶらのようだが、元々手ぶらだったのか、どこかで紛失したのか、はたまた盗まれたのか。

 

 いつからあんな不自然な姿でホームに座っていたのか知らないが、前夜酒を飲み過ぎたことは間違いないと思う。

 

 飲み過ぎた日の翌日の辛さは、自分が何度も経験しているので、分かり過ぎるほど分かる。腰が抜けて力が入らず、気持ちが悪い上に頭痛もして、動けないのだ。

 

 その、動けない人は、ちょうど柱を背にして、通路の真ん中に行儀よく(?)体育座りをしているので、通行する人を邪魔することもなく、ただひたすら苦痛に耐えていたのか、ただ眠っていたのか。足早に通り過ぎる人たちの殆どは、この男性に気付かないようだった。

 

 私もちょっとだけ観察して通り過ぎたが、その異様な姿から、酒の恐ろしさを頭に叩き込んで、断酒の糧とした。

 

 酒害の中でも、この男性のように、飲み過ぎて自分の一日を台無しにしてしまうだけなら、まだ良い方かもしれない。きっと、辛い心の中では、もう二度と酒なんか飲まない!と強く思っていることだろう。

 

 でも、不思議なことに、どんなに辛い目に遭っても、アルコールが抜けて、身体が楽になって来ると、あれほど強く思っていた、「もう二度と酒なんか飲まない!」の気持ちがどこかへ消えてしまう。これも、私の経験なので、良く分かる。

 

 今日の昼前に駅で見た酒にやられた人は、

  実は、若い頃の私だったのかもしれない。

  実は、酒を飲み続けた私だったのかもしれない。

  実は、酒をやめてなかったパラレルワールドの私だったのかもしれない。

 

 そう考えると、やっぱりゾッとする光景だった。

 

 

f:id:anomiyakun:20150826040026p:plain

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》