読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

アルコールと暴力性(断酒2年252日目)

 今年(2015年)2月に川崎で起きた、13歳の少年が殺害され、遺体を遺棄された事件。

 

 これについて、以前、アルコリコさんが教えて下さったリンク先↓↓↓

 

  『毎日新聞の医療プレミア アルコールと暴力犯罪 2015年7月9日

松本俊彦 / 国立精神・神経医療研究センター部長

 

 松本先生は、この事件が全てアルコールが原因だなどと言う積もりは毛頭ないが、しかし、アルコールと暴力については、是非とも確認しておくべきだと書いておられる。

 

 この事件では、主犯格の犯人の少年の、普段からの飲酒癖と、その酒癖の悪さが、凶悪性を増した原因ではないだろうか。

 

 記事の中で、私が気になった文章を、3か所、抜き書きしてみた。

 

 「傷害および殺人事件の40〜60%、強姦(ごうかん)事件の30〜70%、DV(ドメスティックバイオレンス)事件の40〜80%にアルコールが関与しているとの報告がある」

 「酩酊(めいてい)が暴力を起こしやすくする原因の第一は、アルコールの脳に対する直接的な影響だ」

 「件数だけをいえば、アルコールが絡む暴力事件や交通事故の数は、危険ドラッグよりもはるかに多い」

 

 つい先日も、その日は非番で酒を飲んで酔っ払っていた都営バスの運転手(A)が、帰宅時に乗車した民営バスの運転手(B)に、何故定刻通りに発車しないのかと言いがかりをつけ、押し問答になったそうだ。

 

 このBが定刻通りに発車しないのには、きちんとした理由があり、それを説明しても、酔っ払いのAは聞く耳持たぬ。そこへ、仲裁に入った男性(C)がいたそうだが、Aは、Cの顔面を蹴った。

 

 このアルコールが起因する暴力性を鑑みれば、一年を通して、ホームで駅員さんに暴力を振るう酔っ払いが多いのも頷ける。

 

 それにしても、アルコールの恐ろしさは、尋常ではありませんな。こんなもの、飲まないに越したことはないわけで、ここのところが腑に落ちれば、人生楽しいのであり、毎日が笑顔となる。

 

 因みに、かつての飲んだくれ時代の私の場合...至って平和な酔っ払いであり、飲んで人とケンカしたことは一度も無い。私の飲み癖は、ひたすら勝手にハイピッチで飲み、泥酔し、どこででも寝てしまう、これだけ。

 

 色んな人と酒を飲んで来たが、中には、普段はとっても大人しいのに、酒を飲んで酔いが回って来る内に、目が座り、表情や話し方も変わり、丸で満月の夜に狼男に変身するように、全くの別人格が出現する人がいる。

 

 この手のアルコール激変タイプの飲酒狼男とは、私はその後二度と酒席を共にすることはなかった。自分の主張を押し通そうとして、誰かれなくケンカを吹っ掛け、実際にケンカになり、修羅場になることが多いので、そう言う人は、避けた。私は楽しく酒を飲みたかった。

 

 酒は、羊(ひつじ)を狼(オオカミ)に変えてしまう。

 

 

 

f:id:anomiyakun:20151104071316p:plain

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》