酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

やめる直前の頃(断酒2年353日目)

 もう3月になってしまった。

 

 昨年暮れからこの正月にかけて、元旦から酒を断つ仲間を募ったら、どんどん参加して下さる方が増えて、今日時点で、なんと95名になった!

 

 あと5名増やして、何とか100名の大所帯にして、大晦日を目指したいなぁ~。

 

 ところで、3月と言うと、私にとっては、酒を断った記念の月。飲んだくれの自分が死んで、飲まない自分が生まれた月。

 

 3年前の3月は、前半(1~14日)が超飲んだくれおやじ、後半(15~31日)が、一滴も飲まない断酒禁断症状おやじ、として、同じ人間ながら、全く異なる役柄を演じた。

 

 もともとが結構な酒飲みだったのに、その前の月に実母が火災で突然亡くなり、悲しみが深すぎて、更に酒量が増えた。3月14日の大失敗の日は、恐らくひと晩の酒量としては、最大値だったかもしれない。

 

 日中はまだいいのだが、日が暮れて辺りが薄暗くなってくると、もういけない。悲しみがどんどん深くなってくる。が、酒を飲むと随分と楽になる。酒量が日々増えて行った。

 

 即効性があるけれど、習慣性もあり、酒は厄介な飲み物だ。

 

 飲みたくなったり、酒に逃げたくなったりした時はいつも、この頃のことを思いだすようにしている。どんなに飲んでも、何も良くならなかったし、先が見えなかった。だから、今飲んだところで、丸で意味が無い、どころか事態は悪化するのが分かっている。

 

 一緒に酒を断っている仲間の方も、もし飲みたさに負けそうになったなら、あなたの酒を断つ直前のころを鮮明に思い出してほしい。今飲めば、その時に戻る。

 

さてさて・・・

 

Happy!《読者通信》に、とらさんと、月のうさぼから、メールが届いてます!

 

readers.hatenablog.com

 

readers.hatenablog.com

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》