酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒酔いは悪夢の時間差攻撃(断酒3年99日目)

 つい最近報道されていたが、泥酔して眠り込んでしまった女性を、自分の住居に連れ込んで、監禁した男が捕まった。

 

 犯人の男には余罪があるらしく、被害者は、この女性だけではないようだ。犯人にしてみれば、終電で寝込んでいる女性を物色し、介抱する振りをして、自宅まで連れ込むのは容易い。

 

 男も女も、泥酔してしまえば皆同じで、意識不明なのだ。何をどうされても、抗えないし、自らの意思を伝えることすら出来ないし、その前にアルコールによって麻酔がかかった状態なので、何も考えていない。この泥酔の原因は、過度の飲酒である。

 

 ただ、これ、飲んだくれの人なら誰でも分かることだが、最初から泥酔しようと思って飲むわけではないのだ。特に外で誰かと飲む場合、待ち合わせ場所までいそいそと行き、乾杯!から始まる飲み会が、何とも言えず楽しいのだ。知らず知らずの内に、酒量が増えている。

 

 一軒目で終わらず、二軒目、三軒目とハシゴすることもある。店で気の合った人たちと飲んで酔うのは、この上もなく心地良いものだ。

 

 「大丈夫!大丈夫、終電までまだ1時間もあるから」

 

 こんな台詞で、何度終電に乗ったことだろう。大抵は泥酔して寝てしまい、自分の駅は通過し、ハッと目覚めるか、車掌に起こされるか、で見回せば、終点だ。

 

 これが、酒酔いの悪夢の時間差攻撃第一弾である。第一弾は、飲んでから数時間後の泥酔による意識消失、第二弾は、飲んでから半日(12時間)も過ぎてからの酷い二日酔いだ。このように、飲酒したその時ではなく、かなりの時間差で、酒の攻撃を受けるのである。

 

 せっかく飲んでやった酒なのに、飲んでいる時はあんなに親密だった酒なのに、酒というやつは、こんな手痛い仕打ちを後からして来るのだ。飲んだと同時にしっぺ返ししてくれるなら、まだマシなのに。

 

 世の中には、酔っ払い専門にスリを働く連中もいるし、冒頭に書いたように、泥酔している女性を狙っている悪い男もいるのだ。

 

 こう言った悪い連中から狙われないためには、どうした良いのか?

 

 とても、簡単である。酒を飲まない!これだけ。

 

 私は酒を断って以来、たまに終電に乗ることがあっても、乗り過ごしたことは一度もない。二日酔いの苦しさ・辛さ・馬鹿らしさも、とんと味わう事がない。

 

 アルコールが身体に入っていないことの素晴らしさを、日々実感している。

 

 酒を飲まなければ、泥酔して被害者になることはあり得ないのだ。酒は、飲み過ぎると、己の命を危険に晒す。どこまでなら大丈夫なのかの線引きが難しい人は、最初から飲まないことだ。

 

 一度でも、酒で危険な思いをしたことがある人は、飲み続ける限り、二度目、三度目に必ず遭遇する。断ったほうが良い。断てば、泥酔による危険から我が身を守ることが出来る。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》