読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒仲間の温かさ(断酒3年108日目)

 断酒の仲間って、ほんわか温かい。私は、それが好き。

 

 ひとり一人状況は違うけれども、酒を断つ苦しみは、皆同じく経験している。

 

 断酒仲間には、今現在苦しんでいる最中の人と、それを乗り越えた人がいる。乗り越えた人は、苦しみを十分に経験して来ているから、他人の苦しみが自分のことのように分かるのだ。

 

 誰かが苦しめば、丸で自分のことのように感じて、その人を助けたく助けたくて、ウズウズしてしまう。私も、それで、毎日ブログを更新している。

 

 だが、もどかしいことに、直接その人を助けることが出来ない。例えば、自分が今、飲酒欲求を克服して、酒無しの生活を普通に送っているとして、今現在苦しんでいる人に、どうアドバイスしたら良いのか悩む。

 

 何故ならば、断酒後の苦しみは、飲んだくれが酒を断った場合、必ず一度は通らなければならない洗礼のようなものだから。その苦しみは、ひとりで乗り越えなければならないから。その上、頭痛薬のような即効性のある薬も無い。

 

 『苦しみを 苦しんでこそ 断酒かな 苦しみの後 楽しみが待つ』

 (くるしみを くるしんでこそ だんしゅかな くるしみのあと たのしみがまつ)

 

 苦しむのは自分ひとりだが、それを乗り越えて来た断酒仲間が、いつでもその苦しさ・辛さに耳を傾けてくれる。励ましてくれる。ネット上であっても、メッセージの向こうには、温かい人間がいるのだ。嬉しいことだ。

 

 だから、安心して、断酒して苦しんで身悶えてほしい。ヘンな表現だけれど、必ず通らなければならない道なのだから。苦しい時に、その苦しさを吐き出して、誰かに聞いてもらえば良い。七転八倒の苦しみを味わった後には、きっと穏やかな日々が待っているのだから。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》