読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

やめたり飲んだり(断酒3年111日目)

 酒を断たなければ、との思いに至った人の、その後の行動パターンは、次の何れかに当て嵌まると思う。

 

 1.思い立った日から酒を断ち、継続している。

 2.思いつつも、ズルズルと飲み続けている。

 3.思い立った日から断酒したが、途中で再飲酒して、そのままズルズルと飲み続けている。

 4.思い立った日から断酒したが、途中で再飲酒して、再度断酒して、継続している。

 5.思い立った日から断酒したが、再飲酒と断酒を繰り返している。

 

 このブログを読んで下さる方、コメントを下さる方の中でも、上記1.~5.の方が混在していることだろう。最近頂いたコメントでも、それは良く分かる。

 

 もちろん、上記の1.が一番良いに決まっている。しかし、酒と言う飲み物の魔性度の高さからしたら、例えば100人の人が思い立って同時に断酒を開始したとして、その中で1.のパターンで行ける人は、何人いるだろうか。恐らく数人いるかいないか、かもしれない。

 

 私がこれまで読んできた、ベテランの精神科の医師が書いた本でも、一度の断酒で成功する人は極稀であり、多くの人は5.の状態を何度か繰り返し、継続に成功するのだそうだ。

 

 私の場合は、今のところ、何とか一度の断酒で継続出来ている。これは、私の禁煙が、上記の5.のパターンを踏んでやっと成功した過去の経験が、断酒に活かされたことが一番の秘訣だと感じている。

 

 禁煙・再喫煙は、10回は繰り返し、やっとあの臭いタバコから離れることに成功し、今のところ11年目に入っている。一日に3箱は吸うヘビースモーカーだった私が、今ではもう、あの煙は臭くて臭くて、逃げ回っている。二度と一生喫煙することは無いと断言できる。

 

 禁煙での失敗で学んだことは、矢張り喫煙の小悪魔が自分の心に潜んでおり、飲酒時や、イライラした時、仕事が立て込んで忙しくてどうしようもない時、食後、などに、囁くのだった。

 

 「ほーら、こんな時、ちょっと一服すると、すっとするよ!」

 「1本くらい大丈夫!もらって吸っちゃいな!」

 

 多くの失敗は、飲酒時だった。隣の人がうまそうに吸っていると、ついつい「1本下さい」で貰い、吸ってしまうと、1本では終わらず、自分でひと箱購入していた。それで、積み上げた禁煙は終了。そんなことを何度も繰り返していた。

 

 断酒してから数か月、かなり苦しかったが、「ちょっと1杯だけ」とか「特別な日だから解禁」とか「飲まなきゃやってられない!」などの、誘惑が心に湧いた時、禁煙失敗のことを思い出した。たった1本が、結局は再喫煙への引き金だった。ほんの缶ビール1本とか、ワインひと口が、「きっと」ではなく「絶対に」再飲酒への引き金になることが分かっていたので、「どんな理由でもダメ!」と自分に言い聞かせて、とにかく飲まなかった。

 

 断酒と再飲酒を繰り返してしまっている人は、自分の酒及び断酒に対する考え方をもう一度じっくりと考え直し、何となくではなくて、断酒の理由を明確にするのが良いと思う。

 

 何事も、「何となく」出来ることは無い。きちんとした考えをもって、自分なりに工夫をしつつ取り組むのが、一番である。

 

 飲みたくて仕方がない時、自分にこう問いかけてみてほしい。

 

 「飲みたいのは分かった。で、飲んで何が解決するんだ?」

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》