読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

やめてこそ分かること(断酒3年113日目)

 やめようともしない人には全く何も分かるはずもない。

 

 やめようとして、実際にやめる人には、分かることが沢山ある。それは、飲んでいた頃には少しも感ずることの無かった、魂の叫びである。

 

 やめていること自体が拷問に等しいこと。

 飲むことによって、いつも訪れて来た至福の時間が来ないこと。

 酒を飲まないだけで、かなり感ずる焦燥感。

 腹の奥底から湧き上がる、よじれるような飲酒欲求。

 忘れていたいのに、飲んでいる姿がフラッシュバックする。

 

 これらは、酒を断った直後に訪れる反応だ。好きなだけ飲んでいた昨日までは何とも無かったのに、ピタリと断った今日は、このような負の感情が湧き起る。

 

 これぞ、やめてこそ分かることであって、飲み続けていたら一生分からない。借りに短期間で断酒をやめてしまっても、これらのやめてこそ分かることを自らの身体で学んだことの意義は大きい。

 

 このブログにコメントを下さる方々の、酒に対するスタンスは様々だが、酒を断ったからこそ至った心境は、真にお互いに通ずるものがある。経て来た道は違うけれども、至った目的地は同じだったのだろう。

 

 まだ、断酒に踏み切れない方へ。

 

 断てば、必ず見えて来るものがあり、至る心境がある。一度断ったら、一生続けなければならないとか、意味がないとか、やめてもみない内から過大なプレッシャーを感じて踏み切れない方もいらっしゃるだろう。

 

 別に、断酒の契約書を交わすわけでもなし、とにかく一度やめてみる、でも良い。ノーリスクである。が、ひょっとすると、ハイリターンが待っている。途中で飲酒を再開してしまっても、酒を断った経験は、ローリターンとして、手元に残る。

 

 やめてこそ分かることを、どうか体験してみてほしい。飲み続けることの意味は、常に酔い続けることにより、精神的な逃げ場所を確保しているに過ぎないと言うことである。

 

 『断ったとて ホメてもらえぬ 酒なれど 己の身体 至極快適』

 (たったとて ほめてもらえぬ さけなれど おのれのからだ しごくかいてき)

 

 ※お知らせ

 以下のようなコメント(内容抜粋)を頂いたが、当ブログの方針『適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい』を、スルー(無視)しているので、即刻削除した。

 

 「私は風呂あがりに缶ビールを1本毎日飲む。 それ以上は飲まない。休肝日を週に2日設けている。外で飲んでも泥酔したこともなく、適正飲酒で幸せ。適正飲酒出来ないなんて本当にダサイですね。頑張って我慢して下さい。」

 

 そもそも、私が適正飲酒者であれば、このブログは存在していない。適正飲酒で幸せな人は、ここにコメントなどせず、自分で飲酒礼賛のブログを書きまくってほしい。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》