読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

甘美から辛苦への片道切符(断酒3年129日目)

 酒、飲酒は、当初、甘美な世界を演出してくれる。

 

 酔うことが楽しい。順番は、飲む→酔う→楽しい。

 ところがその内に、楽しくなりたい→酔いたい→飲む。と、こうなる。

 

 たまたま酒を飲んで、酔って、楽しかった経験から、逆算して、今気分が塞いでいるとしたら、楽しくなるには、酔えば良い、それには、飲酒だ、となり、酒に手が伸びる。

 

 だが、度を越した飲酒はコワイ。

 

 やり方によっては、深酒は、甘美から辛苦への片道切符となる。その方向は必ず、甘美→辛苦であって、辛苦→甘美の路線も切符も存在しないのである。

 

 この切符を持って、一度乗車してしまうと、たまに停まる途中駅の手前で気付いて下車すれば良いが、終着駅《奈落の底》へとひた走る。

 

 《甘美》・・・味が程よく甘くて、うまいこと。心地よくうっとりとした気持ちにさせること。

 《辛苦》・・・つらく苦しい思いをすること。また、その苦しみ。

 

 強いて言えば、辛苦→甘美へと戻りたいなら、手段として《断酒》がある。けれども、薬物のアルコールで強力に感じる《甘美》の世界は、断酒では得られない。断酒で手に入る《甘美》は、アルコールのそれとは全く違う。

 

 頬を撫でるそよ風をも心地良いと感じる。道端に咲く雑草の花にもうっとりとする。

 

 酒を抜いて1年もすれば、とても自然に甘美の世界を感じることが出来るのだ。つまり、過剰飲酒によって甘美から辛苦へと到着し、断酒によって辛苦から甘美へと戻った場合、同じ出発地に戻ったわけではなく、もっと足場が強固で安心出来る地に着いたのである。

 

 もし、甘美から辛苦への片道切符を握りしめたまま、奈落の底への路線をひた走っているのなら、即刻その切符を捨てて、途中下車し、断酒路線へと乗り換えることをお勧めする。

 

f:id:anomiyakun:20160722041357j:plain

 

 

 ↑これが、甘美から辛苦への片道切符だ。

 (昨日、出先で見かけた、某居酒屋の、過激な飲み放題のキャッチコピー。この文言が、ある意味で核心を突いているのは、死ぬ覚悟があって酒を飲むなら、それも良し、とも取れるから。)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》