酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒は飲み物ではない(断酒4年148日目)

f:id:anomiyakun:20170810063658j:plain

 酒を飲み物と捉えている内は、断酒していること自体が苦しい。

 

 ある程度断酒に慣れて来ても、酒を飲み物と思っている内は、各種の酒の席で毅然とした態度を取ることに躊躇いを覚える。他の人が普通に飲むのに、自分は飲まないから。

 

 他の人はどうでも良くて、自分にとって、酒が一体何なのか。突き詰めて考えると、酒は、自分にとっては飲むと死んでしまう毒薬である。多くの場合、真綿で首を絞められるように、時間を掛けて酒に殺される。急性アルコール中毒や泥酔による事故で、ほぼ即死の場合もある。

 

 この辺りをきちんと考察し、自分にとって酒は飲み物ではないことを、自分で納得することが、どこへ出てもしっかりと、堂々と、自分が酒を飲まない人間であることを主張出来る土台となる。

 

 私の持論だが、酒に未練がある状態だと、まだまだ酒を飲み物と捉え、飲みたくてたまらないし、断酒も安定しない。漢字で書けば一文字の《酒》だが、実に色んな種類があり、個人個人の酒歴によって、思いを致す酒類にも人それぞれ違いがあるだろうが、それは全て未練である。

 

 私はこれまでかなりの時間と労力を費やして、ありとあらゆる酒害を調べて来た。その結果分かったのは、酒は飲み物ではないと言う事実である。

 

 「は?酒は歴とした飲み物でしょ!」

と思われた方は、まだ酒に未練があるのだ。

f:id:anomiyakun:20170810063752j:plain

 

 酒のことを「狂い水」と表現することについて以前記事を書いたことがあるが、もうひとつ、「狂薬」とも言うのだ。人を狂わせる悪魔の飲み物が、酒の正体だ。

 

 少量なら健康に役立つとか、薬になるとか、言われている。これは、私も認める。どんなに微量でも身体に悪いと言う研究もあるが、適量ならばある種の病気の予防になると言う研究もある。

 

 酒が健康増進に役立つとして、これの大前提が、決めた量、決められた量を守ること。これが破られると、酒は毒薬に変わるのだ。

 

 私のように、世間一般で言われている、アルコールは2単位までと決められた量も、或いは、自分で決めた一日これだけ、の量も、絶対に守れない人間には、酒は必ず毒薬となるのである。

 

 つまり、私にとって、酒は飲み物ではないのだ。だから飲まないし、最近では断酒ではなくて、廃酒の心境である。断酒は、飲酒を中断しているような響きがある。廃酒だと、二度と飲酒に戻らない。

 

 酒は飲み物ではない。これは、飽くまでも自分にとってのこと。他人がどんな酒をどれだけ飲もうと、我関せずである。一々酒を飲む人に関わってはいけない。あなたは飲む、私は飲まない、ただこれだけだ。

 

 但し、横目に酒を普通に飲んでいる人を見ると、気の毒になることは確かだ。そこまでして何故毒を飲むのだろう、などと、老婆心が起こるのだ。決して口には出さないけれど。

 

 もしも酒の席で、断酒していることに気後れすることがあったなら、口に出さなくても良いから、心の中で、

「あなたにとっては大好物の飲料でも、私にとっては酒は飲み物ではない。決して口に入れることは出来ないのだ!」

と呟いてみよう。

f:id:anomiyakun:20170810063719j:plain

 (花火の写真は、先週末に息子が撮影したもの。)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》