酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

あなたの断酒のイメージを変えよう!(断酒4年200日目)

f:id:anomiyakun:20170930202354j:plain

 このブログは、断酒後4日目から書き続けて4年7か月目に入っている。

 

 最初の頃は、苦しさを正直に吐露するだけの内容だった。そのような記事に対して、読者の方から共感したり励ましてもらうことで、私の断酒は継続した。私にはこのブログが断酒のための唯一の縁(よすが)であった。

 

 最初の頃の私の断酒のイメージは、暗い、苦しい、陰鬱、と言ったところだった。

 

 その心理の根底には、

「本当は酒を飲み続けたいのに、やめざるを得ず、仕方なく酒を断ったのだ・・・」

のような、気持ちが横たわっていたことは間違いない。

 

 今現在、酒を飲まない日々が当たり前となって、

《現在の状態=断酒している》

とは全く思っておらず、ただ生活に酒が出て来ないだけなのだ。

 

 時の経過は、こんなにも断酒についてのイメージを変えてしまったのか!と自分でも驚いているけれど・・・

 

 今の私にとって断酒は、明るく、楽しく、爽やか、なのだ!

 

 このことが、最初から分かっていれば、断酒当初の苦しみも、もっと別の味わい方があったのでは?と、考えてしまう。つまり、酒を断って1年くらい経てば、治癒は無いとしても、必ず回復して、明るく、楽しく、爽やかな生活が待っていることを確信出来ていれば良かった。

 

 半信半疑どころか、零信全疑とでも言おうか、ただ苦しい日々がずっと続くような、そんな、暗く、苦しく、陰鬱なイメージしか、断酒には抱くことが出来なかった。

 

 なので、後から続く人には、

「断酒を決意してスタートしたばかりのあなたは、今辛いだろうけれど、いつまでもそれが続くわけではない!」

「断酒して半年後、更に1年後には、酒なしの明るく、楽しく、爽やかな生活が、確実に待っている!」

ことを、伝えたい。

 

 何故ここまではっきりと断言出来るのか?

 

 このことは、私の実体験だからである。更に、私だけでなく、ブログの読者の方も同じ体験をされている。更に更に、その読者の方と実際にオフ会で会って、集って下さった皆さんが、明るく、楽しく、爽やかな断酒生活を送っていらっしゃるのを、私のこの目で見たからである。

 

 ブログを通して、微力ではあるけれど、一般の方々の抱く断酒へのイメージをも、変えて行きたい。

 

 これまでの断酒のイメージは・・・

 →アル中になって、好きな酒を飲めなくなった人が、消極的にすること。

 

 これからの断酒のイメージは・・・

 →明るく、楽しく、爽やかに生きたい人が、積極的に選ぶ生き方。

 

 こんな風に、断酒への考え方、捉え方、取り組み方を頭の中で転換してやれば、随分と断酒が楽になるだろう。

 

 《ネガティブ断酒》から《ポジティブ断酒》へ!

 

 あなたの持っている断酒のイメージを、切り替えてみよう! 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》