酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

何歳まで飲むつもり?(断酒4年230日目)

f:id:anomiyakun:20171015113522j:plain

 一体いつまで飲むのか?いつまで飲めるのか?

 

 若い頃は当たり前に飲み、中年になっても飲み・・・

 

 私のみすけは、断酒前、もちろん一生酒を飲む積もりだった。酒で死ぬなら本望だと、本当に思っていたのだった。

 

 世の飲んべーたちも、酒をやめる気など更々なく、いつまでも今と同じように飲めると安易に考えていることだろう。

 

 何歳まで飲む積もり?この疑問は、こんな切ない記事を見つけたのがきっかけだった。 

 

【アルコール依存症で苦しむ高齢者が増えている。それは加齢に応じて酒量を減らせなかった結果だ。健康長寿の人は飲酒から「卒業」している。】 

 

president.jp

 リンク先の記事に出て来る老人は、90歳。飲んでる量も全然大したことはなく、焼酎の薄いお湯割りを湯のみに1杯。でも、56歳の娘さんは、父親を心配して、卒酒させようとする。

 

 この娘さんの父親は一人暮らしなので、酔って転倒したら、骨折などの大怪我をする危険がある。それで、心苦しいけど、もう卒酒して下さいと、父親へのお願いの投書のようだ。

 

 こうして、常識的な考察をすると、酒は、いつまでも飲み続けるものではないことが良く分かる。

 

 赤ちゃんが、おっぱいをやめる日が来るように、飲んべーも、酒をやめざるを得ない日が来る。もちろん、その日が来ない飲んべーもいるけれど。

 

 若くても、老いても、アルコールを分解するために、身体にかかる負担は全く同じ(ではないな。自分の経験から、若い方が負担は軽い)。更に、加齢とともに、内臓の機能は低下する。肝臓だけではない、胃も腸も腎臓も、その他臓器も長年の酷使で疲弊している。

 

 この記事を読んで、私の断酒は遅かったけれど、65歳時点では、継続していれば、断酒15年目になっているわけで、酒から卒業どころか、もう、酒との縁が切れて、枯れているような気がする。

 

 願わくば、65歳になっても、このブログを書き続け、もちろん酒への注意は怠らず、淡々と酒の無い生活を楽しんでいたい。

 

 酒への未練をいつまでも、そう、墓場までも持ち続けるのは、酷である。どうせやめた酒、飲まないと決めた酒ならば、すっぱりと未練を断つのがよろしい。

 

 リンク先の記事にも書いてあったけれど、健康長寿の人は、飲酒から卒業しているそうだ。このブログを読んで下さっているあなたも、一緒に健康長寿を目指しますかな。

 

 断酒して、元気はつらつな老人になることが、今から楽しみだ。

 

 片や、やめられなかった老人は、昼間からワンカップやら缶ビールやらを飲み、道路や広場でひっくり返ったりして、老醜を晒している。

 

 こなた、断酒した老人は、もう、元気一杯だ。

 

 「何歳まで飲むつもり?」と聞かれたら、

 「とっくに酒なんぞやめたよ!」と大きな声で答えよう!

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》