酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

《飲み友達》より《断ち友達》(断酒4年248日目)

f:id:anomiyakun:20131207164434j:plain

 あなたの《飲み友達》は、健在だろうか?

 

 私のみすけの《飲み友達》は、残念ながら(!?)、この数年の間にどこかへ消えてしまった。

 

 だが、その反面、断酒以来このブログを書いてきたお陰で、日本全国、果ては地球の裏側にまで、《断ち友達》が沢山出来た!

 

 断酒した仲間は、《断ち友達》だ。

 

 断酒仲間とは、昨年来、オフ会で何度もお会いしたり、また、skype、LINE、その他の手段で通話する機会が増えた。

 

 オフ会でも通話でも、一度も会ったことがなくて、メールで何度かやり取りしただけの方なのに、最初からお互いに打ち解けて、色んなことを話している内に、あっと言う間に時間が過ぎてしまう。

 

 世間では、一緒に酒を飲んで歩く人を《飲み友達》と称する。私たち飲まない仲間は、酒を断った友達なので《断ち友達》だ。

 

 ところで、《飲み友達》で、ネットを検索したら、なぜか、「中高年の出会い」サイトが検索結果の上位にあった。一体どんなものなのか、クリックしてみたら・・・

 

 へぇ~。

 

 「先ずは飲み友達から」と書いてある。

 

 酒を問題なく楽しめる男女なら、飲み友達からでも良いだろう。でも、どちらか一方、或いは、両方とも、酒をコントロール出来ない人だと、飲み友達から、は危険だ。

 

 私がここに書くのが嚆矢かもしれないが、私たち断酒erは、「先ずは断ち友達から」が、一番だろうな。

 

 冒頭でも書いたように、私自身が断酒仲間とオフ会で会ったり、通話したりして思うのは、お互いに断酒erだと、最初から話が弾むし、楽しいのだ。それは、お互いの土台に、断酒初期の頃の苦しさを乗り越えた経験があるからだ。

 

 先日ある独身の女性の断酒erの方とお話ししたのだが、こうおっしゃっていた。

 

 「出会いはあるのですが、相手の方がお酒を飲むのかどうかと言うことと、自分が断酒していること、つまりアルコール依存症であることを相手に伝えるかどうか、この二点が悩みの種です。」

 

 これは、男性側でも、同じことだろう。

 

 断酒erとしては、相手も酒を飲まない人であることを望むから。

 

 そこで、やはり、断酒erの場合は、

「先ずは飲み友達から」ではなくて、

「先ずは断ち友達から」ならば、

安心して付き合えるだろうになあ。

 

 お互いの前提が断酒ならば、酒に関しては支え合えるものねぇ。

 

 これは、自分のかみさんがたまたま飲めない人だった私のみすけには、良く分かるのだ。

 

 自分が断酒しているから、パートナーも断酒してほしいってのは、ある種、自分が入信した宗教に、パートナーも入信してほしいってのに、少し似ているかな。

 

 だったら、最初から断酒している人同士が一番だろう。

 

 この辺り、読者の皆さんは、どう思われるだろうか? 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》