酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲まない人の安心感(断酒4年289日目)

 「ちゃんと帰って来てよ!(-"-;)」

 

 その昔、飲み会がある日。ウキウキと玄関で靴を履いていると、いつもかみさんから掛けられた言葉だ。

 

 「いってらっしゃ~い!(o^-^o) 」

 

 酒を飲まない生活が当たり前になってからは、これだけ。

 

 理由はとっても簡単な話で、外で酒を飲んで酔っ払うと、のみすけの行動は、アンコントローラブルに陥り、ちゃんと帰って来たことが、ほとんどないのだ。

 

 こんな実話がある。

 

f:id:anomiyakun:20171228203746j:plain

 友人と隣の駅で飲んでいた。

 一軒目で上がれば良いのに、何件もハシゴして、泥酔。

 電車に乗って帰った(はず)。

 ところが、乗った電車は終電で、目覚めたのは終点だった!

 ひと駅百数十円の電車賃が、福沢諭吉と樋口一葉を足したくらいのタクシー料金になってしまった。

 真夜中にたたき起こされた奥様の迷惑や如何に!

 

 誰の話かって?

 

 私のみすけの話である。とほほ。

 

 私は、外で飲んだくれて、ちゃんと帰って来たことは、数えるほどしかない。

 

 一方で、断酒以来、どんなに帰りが遅くなろうとも、一度たりとも電車を乗り過ごしたことも、何か大事なものを紛失したこともない。

 

 これが、酒を飲まない人の安心感、信頼感なのである。

 

 酒を飲まないと、自分で自分を信用できる。

 酒を飲むと、自分で自分を疑うことしか出来ない。

 

 この違いは、大きい。

 

 家族も含んで、自分以外の人からどう見られるかはもちろんのこと、自分で自分の行動に責任が持てるかどうかである。

 

 前回は失敗した。

 あれは、飲み過ぎたのがいけなかった。

 この次は、きっと、キリのいいところで、飲むのをやめる。

 

 と、いつもいつも、失敗する度に思うことは同じで、何度も何度も、飲み過ぎては反省、また次のチャレンジを繰り返したものだ。

 

 きっと、私と同じことを繰り返した人は、沢山いらっしゃることだろう。飲んだくれの思考回路は、似通っている、と言うより、ほぼ同じなのだ(笑)

 

 アルコールを身体に注入しなければ、どんなに根が飲んだくれでも、どんなに夜遅くなっても、シャンとして、帰宅出来る!

 

 この、シラフの安心感を一度味わうと、自分だけがノンアルコールで過ごした飲み会の帰り道が、何だかとってもワクワクウキウキして、やったー!と、思わずガッツポーズが出てしまうほど嬉しいのだ。

 

 経験ある方は、この気持ちお分かり頂けると思う。

 

 酒を飲む・飲まないは本人の自由だが、酒に飲まれてしまう人は、24時間シラフでいられるように、断酒して、周囲にも、自分にも、飲まない人の安心感を与えてほしい。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》