酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酔えば遠くなる(断酒4年296日目)

f:id:anomiyakun:20180101115436j:plain

(メルマガ読者タクさんから頂いた元旦の海辺の写真)

 

 この年末年始に、飲み過ぎて反省した人はどのくらいいるのだろうか。

 

 かつての私(のみすけ)ならば、年が明けてたったの3日が過ぎた4日の朝にして、既に飲み過ぎの反省を何度かしていた。

 

 年末に飲み過ぎて1回、年始に飲み過ぎて1回、これで2回だ。

 

 さて、3が日も終わって、世の中は早くも年明けの、通常の生活に戻りつつある。

 

 特に元旦など、酔っ払って気分がいい時、今年こそは、自分の欲しいもの何もかもが一気に手に入りそうな、どんどん近付いて来たような、そんな錯覚をしていたものだった。

 

 ところが、現実は、全くの正反対であって、酔っぱらっていると、自分の欲しいもの、自分にとって大切な人、それらはどんどん遠ざかっていたのだ。

 

 自分は腰を据えて酒を飲み動かないのに、どんどん遠ざかって行く、大事な人、モノ、コト。 

 

 目的地が、どんどん遠ざかる。

 欲しいものが、どんどん遠ざかる。

 あなたを思ってくれている人の心が、どんどん遠ざかる。

 

 自分が酒に酔えば酔うほど、自分にとって大事な人やモノやコトは、遠ざかり離れて行ってしまうことに、気付くのが遅すぎた!

 

 なかなかそのことに気付かなかった、その理由は、これである。

 

 ほんの少しの時間でも、自分を現実から逃避させてくれるアルコールの力には、侮れない魔力があるから。

 

 酔っている間だけは、アルコールがとても優しいから、酒は人生の友だと勘違いしてしまうのだ。

 

 この年末年始を、酒を飲まずに過ごした、多くの断酒仲間の方から頂いたコメントやメールは、素面で淡々と過ごすことが、如何に快適であったかが、如実に伝わって来る内容ばかりだった。

 

 みなさん、酔わなくなったことによって、目的地が近づき、欲しいものが手に入り、大切な人の心が自分に近づいて来たはずだ。

 

 酔って遠くなってしまったものが、酒を断って素面になれば、こちらに近づいて来るのだ。

 

 沢山の断酒仲間の方は、それぞれ、お一人お一人、断酒の期間が違うけれど、ある方は、1週間を、またある方はひと月を、100日を、1年を、喜び、自分の断酒を振り返る。

 

 そう言った方々から、喜びのコメントやメールを頂く度に、こちらにヒシヒシと伝わるその達成感が、自分のことのように嬉しい。

 

 きっと、酒を飲み過ぎて、一時は遠ざかってしまったものが、自分の所に戻って来たからだろう。

 

 酔えば、頭の中に色んなものが出現して、あたかも全て実現し、手に入るような幻想に浸るが、そんなものは醒めて見れば全て消え去っているのだ。

 

 酔えば酔うほど、現実世界では、自分の欲するもの全てが遠ざかる。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》