酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒は自ら助くる者が報われる(断酒5年49日目)

 悲鳴のようなメールが時たま届くことがある。

 

 「やめたいと思いながら、どうしても飲んでしまいます。お酒がやめられません。どうか助けて下さい!」

 

 私の場合は、雷に打たれたような突然の断酒だったので、やめたいと思いながら飲んだことが無い。

 

 やめたいと思いつつも、やめられず、ずるずる飲んでしまう方を、断酒へと導き、助けてあげられれば、これほど素晴らしいことはないだろう。

 

 でも、出来ない。助けられない。

 断酒は、自分でするものだから。

 励ますことしか、出来ない。

 

 今日メールを頂いた方へ、私は次のような返信をした。

 

 ========================

 ご自分で断酒しかないことを分かっていながら、飲み続けてしまうなら、一度自分で自分を積極的に隔離する、つまりアルコール依存症の専門病棟に入院することをお勧めします。

 このままですと、もっと重症化してしまうかもしれません。

 アルコール依存症の人を助けることが出来る人は、自分だけなのです。

 もし、私が○○さんを助けることが出来るなら、医者も病院もカウンセラーも不要になりますね。

 先ずは、ご自分で、断酒への一歩を、積極的にご自分で踏み出して下さい。

 専門医に掛かることをお勧めします。

 ========================

 

 私が自らの断酒で分かったことは、

「天は自ら助くる者を助く」

だ。

 

 英語の、

Heaven(God) helps those who help themselves.

を訳したことわざである。

 

 意味は、

他人に頼らず、自立して努力する者には天の助けがあり、必ず幸福になる。
怠惰な者には、決して幸福は訪れないということ。

 

 酒を断たなければならないことを分かっているなら、先ず、自ら酒を断つ努力をしなければならない。

 

 喉がからからに渇いている時に、あーんと口を開いて、誰かが水を口に注いでくれるのを待つだろうか?

 

 どこかに水道はないか、どこかに飲食店はないか、コンビニはないか、と喉を潤す飲み物を探すだろう。

 

 本当に酒を断ちたいのなら、自分の状況を客観的に判断して、病院へ行くとか、自助の会(断酒会、AA)に行くとか、地域の保健所に相談してみるとか、積極的に酒を断つための行動を起こさなければならない。

 

 ただ、酒を断ちたい、でもやめられない、と堂々巡りをして、誰かが助けてくれるまで待つような態度では、きっとそのままずるずると飲み続けるだけだろう。

 

f:id:anomiyakun:20180502215400p:plain

 自ら酒を断つ努力を始めた人を、天は放ってはおかない。

 

 これまでブログで何度も書いてきたが、私でさえ、断酒後、その辛さを分かち合い、助言し、励ましてくれる人が何人も現れた。これは、天の助けだったと思っている。

 

 どうか、酒をやめたいのにやめられない、と悩んでいる方。悩んでいても何も進まない。

 

 自ら、積極的に、断酒の道を一歩踏み出してほしい。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》