酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒飲んでる場合じゃない!!(断酒5年186日目)

f:id:anomiyakun:20180916134757j:plain

 

 昨日に引き続き、R-SIC2018と言うイベントに参加して来た。

 

 社会的な事業を行っている、企業、NPO法人、その他関係者などが一堂に会して、カンファレンスを行うと言うもの。

 

 今年のテーマは、

「社会問題の解決のためにセクターを超えていくこと」

だそう。

 

 その中のひとつに、昨日記事にした、

「30分で分かるアルコール依存症」

のセッションもあったわけである。

 

 昨日、今日と、様々なテーマのセッションに参加して、私の知らなかった世界で、社会問題に取り組んでいる方々の話を聞いて、自分の視野が如何に狭かったかを思い知った。

 

 そもそも、このような催しに参加できたのは、リディラバ・ジャーナルと言うメディアのアルコール依存症特集の中で、私の断酒ブログが取り上げられたことがきっかけで、接点を持つことが出来たからだった。

 

 このメディアは、安部敏樹さんと言う、私の息子のような若い世代の方が始めたものである。彼はまだ31歳だ。

 

 カンファレンスに参加していた、社会問題の解決・改善に取り組むNPO法人で活躍している多くの若者も、私の子供世代である。20代、30代の聡明な若者ばかりだった。

 

 今日、会場で、取材をして下さった女性記者のKさんがいらっしゃったので、少し話した。

 

  Kさん:「どうですか、のみすけさん」

  のみすけ:「とっても刺激を受けましたよ」

 Kさん:「それは、良かったです」

 のみすけ:「酒飲んでる場合じゃないよね!」

 Kさん:「本当に、そうですね!」

 

 若者のようなパワーはもう残されていないが、私に唯一出来ること=断酒仲間を応援すること、これで私も微々たる社会貢献をして行こうと、思った次第である。

 

 もうひとつ。

 

 昨日の記事で紹介した、アルコール依存症の治療に取り組んでらっしゃる、阿部医師が今日も会場にいらっしゃったので、少しお話を伺ってみた。

 

 一番聞いてみたかったことがひとつあった。それは、酒害者本人にどうやってアルコール問題に気付いてもらうのか。それと、話をどうやって断酒に持って行くのか、その辺りだった。

 

 阿部医師の話。

 

 先ずは、酒以外の話で、身体に不調が無いか、その辺りから攻めて行く。

 例えば、眠れないなら、睡眠の改善から始める。

 そうして、何度か通ってもらいながら、医師と患者との信頼関係を作る。つまり、仲良くなる。

 そして、酒絡み以外の不調が解消した頃、おもむろに、後は酒をやめるだけ、みたいな感じで持って行くそうだ。

 

 優しい先生だな~。と、話していて感じた。

 

 今日の結論!

 そこのあなた!酒飲んでひっくり返ってる場合じゃないよ!

 あなたに出来ること、あなたにしか出来ないことがあるのだから!

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》