酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒に酔う=精神異常(断酒5年243日目)

f:id:anomiyakun:20171015113525j:plain

 今日も、昼間から酒を飲んでる人を見かけた。

 

 午後早い時間に通りかかったある居酒屋では、入り口の扉が開け放たれており、何気なく中を見ると、既に何組かのじい様たちが、飲んでいた。

 

 どうぞどうぞ。健康なじい様たちが、自分のカネで飲んでいるのだから、それはそれで良い。

 

 私がその店の横を通り過ぎながら、ふと考えたのは、はて、ジジイになってからも酒を飲むのは、一体何故だろうと。それは、酔いたいからだろうと。

 

 では、原点に返って《酒に酔う》とは、一体どういうことなのか。 

 

 

 飲んだ酒のアルコールが身体中を駆け巡り、精神的に普通でなくなり、正常な判断や行動が出来なくなるとは、つまり、精神状態が正常から異常へと移行すると言うことだ。

 

 あぁ~、酒に酔うとは、正常だった精神が、異常になることであったか。

 

 このように、酒を断った人間が、素面の頭で、当たり前のことを当たり前に考えてみると、かつて毎日のようにしていた飲酒行為とは、正常から異常へと精神を移行させる行為に過ぎなかったことが分かる。

 

 ここに、精神に異常を来たす薬があるとして、そんなものを飲む人を見て、どう思うだろうか。

 

 「わ!あの人、今、怪しい薬飲んだよ!もう少しすると、おかしくなって来るはず。いつもそうだから!」

 

 まぁーしかし、これは、酒だからこそ許されるのだろう。酒とはそういう飲み物だと、世間一般では当たり前に知れ渡っていることだから。

 

 わざわざ、正常である精神を、異常にするために飲むのが、酒である。このことを理解している人は、酒を飲まない。

 

 何故なら、飲酒によって精神異常になることは、人生に於いて危険過ぎるからである。敢えてそんなリスクを冒すことには、何の意味も無いからである。

 

 《酒に酔うこと=精神に異常を来たすこと》

 

 これに反論するとしたら、酒に酔っても、精神は常に正常であると言うことになるのだが、それは絶対に有り得ない。薬物アルコールが体内を駆け巡り、脳に達すれば、誰でも、その判断力や思考力が低下し、正常ではなくなる。

 

 せっかく正常なものを、わざわざ異常にするために、カネと時間と労力を使って、酒を飲むなんて、バカバカし過ぎて、話にならない。

 

 このことが理解出来たら、さっさと酒を断とう。断っている人は、継続しよう。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》