酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

初春や 家族言祝ぐ 断酒かな(断酒5年295日目)

f:id:anomiyakun:20190102232502j:plain

(シルビアさん撮影の初日の出)

 新春の慶びの句をひとつ。

 

 初春や 家族言祝ぐ 断酒かな

 (はつはるや かぞくことほぐ だんしゅかな)

 

 年が明けて、多くの断酒仲間が、コメントやメール、またTwitterなどで、酒なしでの年越しの喜びの言葉を届けてくれた。

 

 これら多くの断酒仲間の方のメッセージから、一句詠んでみたのが、タイトルの句。 

 

 その中から、代表でお一人のメッセージを紹介しようと思う。ブログ読者で、12月の忘年会にも参加して下さった、シルビアさんから、初日の出の写真と共に、元旦に届いたメール。

 

 ~~~~~~~~~~~~

 明けましておめでとうございます!
 無事に、素面で新年を迎えることが出来ました。飲みはじめてからは、はじめてです。素面の新年は20年以上記憶がありません。断酒1年目ですから、違和感ありますが、これがはじまりの一回目ということで、これから続けていきます。
 今年も宜しくお願い致します。
 家族で初日の出を見に行ってきました。素面の今年は、よい一年になりそうです。

 ~~~~~~~~~~~~ 

 

 『初春や 家族言祝ぐ 断酒かな』

 

 言祝ぐ(ことほぐ)とは・・・言葉で祝福する、とか、祝いの言葉を述べて、幸運を祈る、喜びや祝いの言葉を述べる、などの意味。

 

 「家族で初日の出を見に行ってきました。」

 

 この、短い文章の中に、家族の幸せが溢れている。ご家族で寒い中、手をつないで、初日の出を待つ姿が、目に浮かぶ。

 

 初日の出を家族で見ることが出来る。何と幸せなことだろうか。きっと、遥か彼方の山の際から昇る太陽を見て、家族の皆が感動したことだろう。

 

 家族の一人でも、酔っ払っていたなら、この感動的なシーンは、決して訪れなかったはずなのだ。

 

 断酒の良さが一番分かるのは、年末年始なのかもしれない。年末年始は、世の中が一番浮かれ騒ぎ、飲酒が公然と行われ、多少の酒の失態は甘く見てもらえる時期でもある。

 

 もし、飲んだくれたままで、暮れから正月にかけて好き放題に酒を飲み酔っ払っていたなら、初日の出も、家族も、自分にとってはどうでも良くて、ただひたすら酒を追い求めるだけの年越しであったことだろう。

 

 酒を断つと、それまでは無縁だった除夜の鐘が聞こえ、初日の出を見たくなるのだ。白黒で暗かった日常生活が、総天然色の明るいものになるのだ。

 

 飲酒は、バカバカしい習慣である。私は、無条件な断酒を提案したい。飲み過ぎて問題を起こしてからではなくて、今酒を飲んでいる人は、断酒する。これから成人を迎える人は、最初から酒を飲まない。

 

 〆に、もうひとつ俳句を。

 

 『 酒なしの 光り輝く 松の内』

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》