酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲み吐きを 繰り返すアホ 過去のオレ(断酒6年67日目)

f:id:anomiyakun:20190520224812j:plain

道端にひっそりと咲く花

 朝のウォーキングが復活し、ここ1週間毎朝歩いている。

 

 両手にはポール、スマホにイヤホンを差してラジオを聴きながら。

 (このポールウォーキングは、ただ歩くよりも、お勧め!)

 

 今の時期、バラを中心に、他にも色とりどりの花が咲いていて、スマホで撮影しながら歩いている。

 

 ここ1週間ほどの記事に使っている写真は全て、朝のウォーキング時に撮ったものだ。

 

 さて、今朝歩いたコースでは、驚くほど酔っ払いの置き土産が沢山あった。

 

 

 吐くなら飲むな!と、初夏の朝の雰囲気をぶち壊す光景に腹を立てつつも、一方で私の頭の中には、かつての自分が彷彿とされるのだった。

 

 ん~、これ、昔の自分でもあるな~。

 

 カネと時間を使い身体に入れたものを、人様に迷惑の掛かるようなところで、ガマンも出来ずに、吐き出してしまう。

 

 その行為は、いつも道端のはずもなく、私は家のトイレにこもることも多かった。一度嘔吐の発作が起きると、治まるまでは、便器を抱え込む。今となっては思い出したくもないが、それは確かに頻繁に起きていたこと。

 

 酒臭い人、大声で騒いでいる酔っ払い、ふらふらと千鳥足で家路を辿る人、夜遅い電車の中で寝てしまっている酔っ払い、朝の通勤電車で青い顔をしている二日酔いの人、等々を見る時、そこに自分の過去を見る。

 

 正に、

『飲み吐きを 繰り返すアホ 過去のオレ 人の振り見て 我が振り直せ』

である。

 

 ただ、酒を飲まないだけで良いのだ。

 カネも時間も酒に使わないだけで良いのだ。

 そうすることによって得られなくなるものは、アルコールによる「酔い」だけである。

 

 つまり飲んだくれ時代は、「酔い」と「人生」を引き換えていたのだ。恐ろしいことである。酒に自分の人生を引き渡していたのだ。

 

 今飲んだくれて、私の前に酒の弊害を晒してくれる人は、私に過去を思い出させ、今の断酒生活を確固としたものにさせてくれる、有り難い存在なのかもしれない。

 

 それにしても、酒を飲まない生活の、爽やかなこと!

 明朝も確実に起きて、歩きに行けることだろう。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》