酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

断酒erも断酒も多種多様(断酒6年70日目)

f:id:anomiyakun:20190523081335j:plain

薔薇と紫陽花の競演

 

 ブログとTwitterと、それぞれ断酒専門で6年くらいやって来て、これまで実に多くの方とのやり取りがあった。

 

 お互いを認めるやり取りは楽しいが、一方が他方を否定したり批判したりするようなやり取りは、悲しかった。

 

 そのようなことがあると、当初、私の心は過剰に反応し、応答することもあった。

 

 断酒とは、それまで飲んだくれだった人が酒を断ち、その状態を継続していることを指すだけに過ぎない。

 

 そう考えて見ると、酒さえ飲んでいなければ、それで良いではないか!と言うことで、酒をやめている人ならば、みんな仲間だと勝手に思っている。

 

 やめて10年過ぎてもまだ酒を飲みたい断酒erもいる。

 やめた直後から飲酒欲求に苦しまなかった断酒erもいる。

 断酒会へと通うことによって断酒が継続している断酒erもいる。

 AAへと通うことによって断酒が継続している断酒erもいる。

 ブログを書き続けて断酒が継続している断酒erもいる。

 

 以前ブログに書いたことがあるけれど、詩人金子みすずの言葉を借りて表現するならば、

「断酒erは、みんな違って、みんないい」

なのである。

 

 ガッチガチの、何か決まったやり方とか信条を守ってやらねばならない断酒など、この世には存在しないし、そんなものがあったとしても、知りたいとも思わない。

 

 自分に合った、好きなやり方・考え方で酒を断てるなら、それがベストなのだ。

 

 断酒erは、みんな違って、みんないい

 

 断酒erはみな、酒を飲まないだけで、個性豊かに輝いている。なので、お互いを認めるだけでいいのだ。

 

 これが、それぞれが自分のことを主張するようになると、話は違って来てしまう。

 

 〇〇はやり方がおかしい。

 △△の考え方だと3年持たない。

 ××など論外。

 

 これらのような考えの人がいるとしたら、その考え方こそ偏っている。自分のやり方・考え方は、多種多様の中の、一種一様に過ぎないことを、知った方が良い。

 

 昨日の朝、ウォーキングしている時に、ラジオから流れて来たのが、今日は何の日、5月22日は国際生物多様性の日、から、今日の話題を思いついたのだった。

 

 あなたも私も、地球上に生きている多くの断酒erの中の内の、一人である。お互いを認めて、これからも、ずっとずっと酒を飲まない生活を続けていこうではないか。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》