酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

過去の泥酔事件簿その2続き(断酒22日目)

無事に、3週間をクリアして、断酒は4週目に突入しました。

 

最近気付いたのですが、血圧が下がりました。もともと、そんなに高血圧というわけでもないのですが、今まで上が145、下が85くらいでした。それが、120~125/65~70くらいになってます。

 

断酒効果かな?だとしたら、思いがけぬ、副次作用というか。嬉しいですね。

 

さて、表題。前回の記事の続きを。。。

 

この年(1987・昭和62年)は、記憶にあるだけでも、ざっと以下のようなことがあった。懐かしい。

 

2月 NTT株が東証1部に上場。初値1株160万円。
4月 国鉄民営化
7月 俳優・石原裕次郎さん死去
10月 ニューヨーク株式市場で暴落、ブラックマンデー
11月 竹下登首相内閣開始、大韓航空機爆破事件

 

12月某日。年末で寒い上に、草木も眠る丑三つ時ごろに電話で叩き起こされたのに、イヤな顔ひとつせずに駆けつけてくれた友人には、今でも感謝しています。

 

とりあえず、無くした物を届け出るために、交番へ。セカンドバッグに入っていた貴重品の数々を申告します。腕時計も。

 

(たぶん、盗まれたのでしょう、その後、何ひとつ出てきませんでした。)

 

交番のあとは、24時間営業の喫茶店で、友人と少し話しました。で、一万円を借りました。確かその日か前日が給料日で、銀行の口座にはお金が振り込まれて入っている状態です。が、キャッシュカード、通帳、はんこ、全部無くしてるので、引き出すことが出来ないのです。生まれて初めての借金生活です。

 

始発電車で、先ずはアパートに帰りました。でも、鍵がないのです。あまりにも時間が早すぎるので、近所をうろついたり、駅の近くのお店に入ったりして時間を潰してから、大家さんの所へ。

「すみません、会社に鍵を忘れてきてしまいまして」

と、合鍵を借りて、すぐ鍵屋さんへ走ります。複製を作ってもらいました。

 

その日、会社は休みにして、二日酔いの頭を叩きつつ、銀行やらクレジット会社やらへ紛失の連絡をしたり、忙しかったです。次の日も休み、紛失した運転免許証の再発行やら、役所へ行き印鑑登録をしたり。

 

泥酔の代償がこんなにも大きいとは!

 

ところが、見事に記憶が飛んでいるのですが、泥酔状態で、更にとんでもないことをやらかしていたらしいのです。連続二日休んでから出社した三日目の朝、その内容が判明するのです。あぁ~、なんてことを!とほほ。。。

 

またまた、長くなりますので、続きは、また、この次に...

  

さてさて、飲みたい、飲まない、飲みたい、飲まない、とまだまだ悪魔と天使が一つの心の中で格闘しております。アルコールって、強力ですねー。油断してると、すぐにアルコールの蟻地獄に落ちて行きそうです。

 

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》