酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

淡々と飲まない一日を(断酒151日目)

 世の中、猛暑で、ビール会社が増収増益だとか、巷のビアガーデンが大盛況だとか、騒いでいる。どんなに暑くたって(現に、我が家の外は、↓40度あったが!温度計を撮る為カメラを構える自分が写りこんでいるけど!)大量の汗を流しながらも、私は涼しい顔で、水か麦茶か清涼飲料水を飲んでいた。

 

f:id:anomiyakun:20130812210428j:plain

 淡々と、一日、一日、酒を飲まない日を繰り返す。朝起きて、頭が爽やかなこと、夜、床に就く時、一日のことを思い出しつつ、眠ること。

 

 泥酔を繰り返していたころの自分は、一体何時に寝たのか、酒を飲を飲み終わるまでに何を喋り、誰を傷つけ、何を約束したのか、一切覚えていなかった。

 

 暑いから、ビール、寒いから、熱燗とか、世間で作られた習慣に従って、何しろ年中酒を飲んでいたが、これ、作られたイメージに騙されていただけだ。今、とても良くわかる。

 

 『タバコって格好いい』『大人はみんな酒を飲む』←こんなイメージが子供の頃から、自分には焼き付けられていた。マスコミや周囲の大人の影響だったのかもしれない。私の人生で、タバコ・酒の害について教え諭してくれる大人は、親も含めて、誰もいなかった。

 

 寧ろ、酒ぐらい飲めないと、社会に出て困るぞ、みたいなことを言う人が多かったなー。そういうものか、と、酒は、飲み始めた。タバコは、嫌いだったのに、いつの間にか吸うようになり、これも依存症に陥るほど、毎日手放せぬものだった。

 

 一度、酒もタバコもリセットしなけりゃ、だめだ。世間で、どう言われていようと、周りの人が、どんな酒を飲もうと、自分は、自分だから。

 

 現に、3月から断酒して以来、私には、飲み会の誘いが、ほぼ、来ない!最初、淋しかったのだが、最近は、とても清々している。居酒屋とか焼き鳥屋も、全然行きたいと思わなくなったし。

 

 淡々と、ただ、酒を飲まない1日24時間を送る。これを繰り返すだけ。とてもシンプル。酒を飲んでいた頃はブラインドで隠されていたことが、今、とても良く見える。

 

 それは、飲酒のばからしさ。

 

 みんなが飲むからオレも飲む。のけ者にされたくない。みたいな感が強かったが、やめてみると、酒のみの、のけ者って、最高な地位だということに気付く。いつも目をパチッと開いて、シャキッとした頭で、何でもしっかり見て、すぐ判断出来る。24時間365日即断即決かな!ま、じっくり考えることもあるし、なかなか決まらないことも多いけどね。良いではないか、それも。しらふの優柔不断のほうが、酔っ払いの即断即決より、良いに決まっている!

 

 憑き物が落ちてから、飲酒欲求というものを感じないので、ブログも、飲みたいのを我慢するという内容にはならないなー。自分の心理分析としても、飲みたいのを我慢していた頃のほうが、このブログもおもしろかったような気もする。。。

 

 が、こんなことで、油断はしない!飲酒欲求を、私は甘くみていない。だから、アルコールへの警戒は、今まで以上に強くしようと思う。。。何故ならば。。。実は、先日、新商品のアルコール飲料の試飲に、手が伸びそうになったのだ。

 

 ちょっと一人でスーパーへ買い物に行った時、飲み物のコーナーで、何かの試飲をやっていた。ジュースかな?と、近付くと、アルコール飲料の試飲だった。小さな透明のプラスチックのコップだ。

 

 頭の中で、(こんなの、飲んだうちに入らないよ。ちょっと味見なんだから、大丈夫!飲んで見れば?)なんて、悪魔の囁きが聞こえる。正直な話、酒を飲みたいという気持ちは全然なくて、ちょっと、喉が渇いていただけだった。やっぱり、まだ、悪魔が住んでいるんだ。

 

 ここで、手を出して飲んでいたら。。。こんなことがきっかけで、再飲酒してしまったかもしれない。

 

 まだまだ、危ない危ない!

 

 

*広告

 

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》