酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲まずにはいられない(断酒324日目)

 昨晩のヤフーのニュースで、

早死にの一因はウオツカ、ロシア男性25%が55歳までに死亡=調査

というのを読んだ。ちょうどブログを書いていたので、記事に載せたかったが、昨日の記事には、また別のニュースのことを書いており、混ざってしまうので、今日取り上げた。

 

 これ、テレビでもやっていて、インタビューを受けたロシアの女性が、仕事がなくて、一日何もやることのない男の人は、酒を飲むしかない、みたいな事を言っていた。

 

 この記事には、『死因の多くはアルコール中毒、アルコールによる事故や暴力、自殺のほか、肝臓がん、咽頭がんなどだったという』と書かれている。また、『同じく調査に参加したロシアのがん研究センターのDavidZaridze氏は、ウオツカと死亡率の関係について「健康上の危機」と語り、適量の飲酒で状況は改善するとの見方を示した』とも書かれている。

 

 適量の飲酒で状況は改善するというのは分かるが、酒の種類がなんであれ、国がどこであれ、適量で済まない人が沢山いるのは事実。

 

 その人の居住する国・地域、経済状態、仕事の有無、家族の有無、心理状態など、様々な要因で、どうしてもやってらんね~!という時、一番手軽な酒に手を出してしまうのだろう。一時的に全て忘れることが出来るし、現状のまま、暫し別世界へのトリップを楽しむ事が出来るから。

 

 飲まずにはいられない、という心理状態は、酒を常習的に飲んでいる人・飲んでいた事のある人なら、分かるだろう。酒は、魔法の薬。どんな時でも、飲めば楽になる。しかも、手軽に、合法的に入手出来る。

 

 でも、これが、悪夢の始まりなのだ。酒では実は何も解決などしない。酒を造って売っている所が儲かるだけで、飲んでいる人は、ひたすら坂道を転げ落ちている。

 

 人がいて、酒がある。これは、これからも変わらない。アルコール依存症という病は、決して根絶されることはない。これほど原因が明確な病もないだろうに、その予防法はあっても治療法は無い。

 

 アルコールによる酒害のニュースを見るたびに、悲しくなる。

 

----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 最近、休みの日の昼間、かみさんとウォーキング兼野菜の買い出しで、1~2時間歩く。風景を見ながら、話しながら、野菜を見ながら。身体にはいいし、安く野菜は買えるし、いいことばかりのウォーキングだ。

f:id:anomiyakun:20140201200338j:plain

f:id:anomiyakun:20140201200406j:plain

これは、小さな花。なんて言う花かな。珍しい。

 

f:id:anomiyakun:20140201200422j:plain

なんだ、これは!

 

f:id:anomiyakun:20140201200437j:plain

拡大すると、巨大な瓢箪(ひょうたん)!

----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!----!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》