酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

言い訳ばかりの人生(断酒335日目)

 ライフハッカー日本語版に、とてもいい記事が載っていたので、ここに紹介することにした。リンク先の記事は、すぐに読める分量なので、是非読んでみてほしい。

 

 『言い訳ばかりの人生を今から変えるための3つの行動

 

 たった3つのことだが、これは、私がこれまで断酒を継続できた中で、無意識に実践していたことでもあり、とても良くわかる。断酒に限ってこの3つの行動を書いてみると。。。

 

 1.事実を受け入れる。

 →→→自分が、飲酒をコントロール出来ないという事実を受け入れる。

 

 2.ポジティブな言葉を口にする。

 →→→もう、酒をやめてhappyになろう!とポジティブな言葉を毎日唱える。

 

 3.より良い環境を選ぶ。

 →→→家にある酒は未練なく捨てて、飲み会に誘われても、断る。飲み友達や常連だった飲み屋とも縁を切る。散歩したり、外で身体を動かす。

 

 どうだろう。とってもシンプル。途中経過は苦しいけれど、このたった3つの行動で、私は実際に断酒を継続している。(断酒には、「成功」とか「達成」という言葉は使えないので、「継続」という表現になる。何せ、回復しているだけで、いつ再発するか分からない、厄介な病気だから)

 

 断酒ばかりではなく、人生全般に、この3つの行動は良い結果をもたらすはず。

 

 私が連日飲酒にハマっていた頃を思い出してみると、正に言い訳ばかりの人生だった。飲むのにも、必ず、「疲れたから」「暑いから」「○○の日だから」等、言い訳を添えて飲んでいた。

 

 酒を飲むための言い訳は、その気になればいくらでも作れる。それで、飲んでしまったとして、結局、飲まなきゃ良かったって思う。自分で考えた言い訳に負けると、このような悪循環が待っている。

 

 私が苦しんだ期間、いつも己の飲みたい気持ちと向き合っていた。

 

 酒飲みてーーー!(うんわかるよ。)

 飲んでもいいかな?(飲んだらどうなるの?)

 飲んだらもとに戻る。(それでいいの?)

 いやだ!(じゃ、我慢して、サイダーでも飲んどけば?)

 分かったよ。(あーよかった!)

 

 せっかくこの世に生まれてきたのだから、受けた命を精一杯生きてから死にたいものだ。死ぬときに、正常な意識があれば、酒なんか飲むのではなかったと、きっと後悔するだろう。でも、それなら、まだ良い。

 

 怖いのは、自分がアルコール依存で死んでゆくという自覚すら無い状態で、あの世へ旅立つということだ。周囲の人に散々迷惑をかけた上で、結局、酒に支配されたままの人生で終わってしまうなんて、一体何のために生まれて来たんだろう。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐに反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》