酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

アルコール性心筋症の恐怖(断酒1年242日目)

 ちょっとブログを読み返すと、アルコールが原因となる実に様々な病気について書いてきたものだ、と我ながら感心する。

 

 昨年(2013年)の7月の半ばごろに書いた、『アルコール性認知症の恐怖』と言う記事が、恐怖シリーズの中でも、何故かダントツに良く読まれている。今日は、アルコールが原因となる病気の恐怖シリーズに、ひとつ追加。

 

 日中、本屋でアルコール依存関連の本を読んでいたら、アルコール性心筋症というのが出ていた。ちょくちょく見る厚生労働省のeーヘルスネットには、「アルコールと循環器疾患」と言うことで、飲酒が少量ならば良いが、度を越すとダメ程度のことが書いてあるだけだった。

 

 そこで、自分で詳しく調べて見た。

 

 過度のアルコール摂取は、心臓が、狭心症、心筋梗塞などの病にかかるリスクを高めるようだ。アルコール性心筋症と言うのは、原因がアルコール乱用と分かっているから、頭に《アルコール性》と付くわけである。

 心臓という臓器は、筋肉で出来ており、この筋肉が一定のリズムで拍動し収縮を繰り返して、全身の隅々まで血液を送っている。心筋症とはこの心臓の筋肉が何らかの原因で障害を起こし、心臓が正常に機能しなくなってしまう病気のことである。

f:id:anomiyakun:20141111040213p:plain

 

 心臓が正常に機能しない!?想像してみると、こんな恐ろしいことがあるだろうか。

 

 心臓がもし止まってしまえば、それは即、死を意味するのだ。

 

 アルコール性心筋症は、35歳~50歳くらいの男性の発症率が高いと言うデータがあるそうだ。もちろん、大酒を飲む女性にも生ずる。

 

 心筋症には主に三種類ある。


 ・心筋が厚くなる

 →肥大型心筋症:非閉塞型、閉塞型
 →2次性心筋肥大:高血圧症、大動脈弁狭窄症、アミロイド症、ファブリー病など

 ・心筋が薄くなる
 →拡張型心筋症
 →2次性心筋障害:心筋炎、 心サルコイド症など

 ・心筋が硬くなる
 →拘束型心筋症

 

 この中で、アルコール性心筋症と言うのは、心筋が弱く薄くなってしまう、2次性心筋障害になるのだそうだ。心筋が弱ると健康なときのように血液を送り出せなくなり、全身の組織が酸欠状態になり、身体に様々な症状が起こるだけでなく、死に至ることすらあるそうだ!

 

 

 

 

 

 一体どのくらいの量を何年くらい飲んだら、アルコール性心筋症を発症するのか、諸説書いてあるが、こればかりは、個人差があり、はっきりしないだろう。


 もちろん、大量の飲酒を続けても、ある程度の期間は心臓も正常に動くので、何の自覚症状も出ない。が徐々に心臓の筋肉細胞が傷んでくると心臓の壁が薄くなり、内圧に耐えられなくなって心臓が拡大してくるのだ。

f:id:anomiyakun:20141111040227p:plain

 

 どんな症状が出るかと言うと、息切れ、脚のむくみ、動悸がする、疲れやすい、だるい、不整脈、胸部痛、等。むくむのは、血液を送り出す力が弱くなり、血液が各部に滞るからだそうである。


 心房細動(けいれん)が起こり、それにより不整脈が生じることもあるそうだ。心房細動とは不整脈の一種で、心臓の拍動に関係する電気信号が乱れる病気だと!コワイなー。

 そう言えば、大量の酒を飲んだ時に、心臓が妙にバクバクしたような記憶があるなあ。あれ、心房細動の軽いやつだったのかな???

 アルコールが原因の心房細動は、酔っ払うことにより、本人が気付かないので、とても危険なのだそうだ

 アルコール性心筋症になる人の多くはアルコール依存症の人で、ある調査によれば、アルコール依存症患者の0.1%の人がアルコール性心筋症を発症するとのことで、1000人に1人である。1万人で10人。10万人で100人。100万人で1000人。少ないようで多い。

 この病気で最も有効な治療法は、当たり前のことだが断酒しかない。原因となるものを飲まなければ発症しないし、発症したら、酒を断つしかないわけだ。

 

 ただでさえ、大量のアルコールは、心臓へのとてつもない負担となる。それが毎日毎晩では、心臓も疲弊してしまうだろう。生まれてから死ぬまで血液を送り続けてくれる心臓君を、もっと大事にしよう!

 

 それには、断酒!断酒すれば、心臓だけではなく、身体の全ての部分(脳、口腔、喉頭、食道、胃腸、膵臓、肝臓、腎臓、血管、・・・)が、喜ぶよ。

 

f:id:anomiyakun:20141111203617j:plain

f:id:anomiyakun:20141111203630j:plain

f:id:anomiyakun:20141111203642j:plain

 この写真、1枚目で何だか分かる人は、繊維業界の人かな。3枚目で皆さん分かるかな。私は、この綿花、初めて見た。触ってみたら、まさしくコットンだった!ちょっぴり感動した。秩父では、色んな植物に出会う。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》