酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

来る人も また来る人も 福の神(断酒1年295日目)

 お正月なので、めでたいタイトルにしてみた。

 

 昨日の七福神巡りで、思いついた。七福神と言うと、必ずこんな方々が宝船に乗っている図がある。

f:id:anomiyakun:20150103200220g:plain

 

 「来る人も また来る人も 福の神」

 

 このフレーズは、結構有名で、ネットで調べても出て来る。この後に続く7・7を、私は高校生の頃に、家に遊び来ていた父親の友人から教わったことがある。

 

 「好き嫌いして 徳を減らすな」

 

つなげると、

 

 「来る人も また来る人も 福の神 好き嫌いして 徳を減らすな」

 

 酒を飲みたくなるのは、人間関係がうまく行かない時のストレスが原因になる事も多い。そんな時、この諺を思い出して、自分にとっては苦手な人、嫌味な人、口も利きたくない人、嫌いな上司・同僚・部下、などが居ても、それらの方々は福の神だと思って、接してみよう。

 

 布袋様に似ているな、とか大黒天だな、とか、恵比寿様だとか寿老人だな、とか。弁財天もいるかな。そうして心の中で拝んでしまうのが良いと思う。

 

 結局、他人を変えることは出来ない。受け止める側の自分の心を、変化させるかしかない。今までは相手の言葉がグサッと刺さっていたのなら、ちょっと心を変えて、心をフワフワの分厚い雲や綿のようにしてみて、やんわりと受けとめてみるとか。

 

 こちら側でふわっと受け止めて、そのままにしておくと、相手も拍子抜けしてしまい、二の矢が継げない(笑)

 

 私は、酒をやめてから、無駄で意味のないストレスには、特に注意している。逆に、心の持ち方、考え方ひとつで、嫌いな人、イヤな人たちからも沢山の事を学べる。福の神として、接したほうが得であり徳になると思っている。

 

 面白いことに、勝手に壁を作っていた自分の心を開放して、そういった人たちと話してみると、案外に良い人だったりすることが多い。向こうでも、こちらに警戒心を抱いていたのが、妙に打ち解けて、仲良くなったり。

 

 昨日書いた言葉。

 「人生に 行きづまりはない 行きづまるのは わが思いである」

 

  まさに、この通りだと思う。

 

 「来る人も また来る人も 福の神 好き嫌いして 徳を減らすな」

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》